さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

最近の投稿
アーカイブ
日記カテゴリ
2017年7月
2017年07月31日店舗

浦和 【楽風】 さん~楽しい!!みんなで泥こねの日~

明治24年築の古い納屋を改装した日本茶喫茶、
浦和の「楽風」さん。

土壁改修のご依頼を受けまして、折角なので、皆さんに体験してもらいましょう!
…いうことで、飛び入り参加OKの泥こねイベントを行いました。

土と藁と水を入れて、素足でコネ、コネ。
実演指導は、弊社社長の千代岡 …故郷の高知では、幼少の頃から泥こねを手伝っていたそう。

ヒンヤリ気持ちいい!一度始めたら、皆さんなかなかやめませーん。
ちなみに左手は、「楽風」店長さんです。ちなみに、この日も喫茶は営業中でした!

ものつくり大学・戸田研究室から、イケメン3人組が助っ人に来てくれました。
手前から、きむら君。おの君。ひらの君。(スギダラケ倶楽部埼玉支部のご縁です。)

その場で仕上げてくれた、木製バードコールも、大好評!
ボルトを回すと、キュッ、キュッと小鳥のさえずりのような音がするので、「鳴木声(なきごえ)」と呼んでいます。

木に触れてもらう機会も一緒に!ということで、木育スペースも設置。
こちらにも助っ人登場… 「モンテッソーリの子育て 浦和教室」さめじまさん(右奥)。

木に触れる子供たち、モノづくりを楽しむ若者たち、泥こねに熱中する大人たち…
多くの皆様のご協力をいただいて、大人も子供も笑顔の、ステ木な1日になりました!!

2週間後、今度は土塗り体験イベントを行います!
(ご予約制で、定員いっぱいとなりました。すみません。)

 

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建
無垢の木と漆喰 + 高性能
「わたしたちの暮らし」 が考えられた、自由な家づくり

2017年07月18日店舗

浦和 【楽風】 さん~荒木田の搬入~

トップページの上段にある<お知らせ>ページに掲載しておりますが、
7月末より、浦和の老舗カフェ 【楽風】さんで、土壁の改修工事を行います。

今日は、川越へ荒木田(土)を取りに行き、そのまま楽風さんへ搬入。
土を下ろす作業、店主さんがお手伝い下さいました!
気持ち、盛り上がりますね。

泥こね体験の「こね場」も大工さんに作ってもらい、
まずは第一弾のイベント、7/25へ向けて準備を進めています!

→日本茶喫茶 「楽風」

 

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建
無垢の木と漆喰 + 高性能
「わたしたちの暮らし」 が考えられた、自由な家づくり

2017年07月14日敷地75坪・縁側の家(さいたま市緑区)

「敷地75坪・縁側の家」~竣工写真~

3月末にお引渡しした、さいたま市緑区のS邸。

竣工写真のアップが滞っておりました。遅ればせながら…

リビング… 床はチーク、壁は漆喰。右手奥の引戸を開けると、小上がりの和室があります。
 

子供室… 床は足触り抜群の杉材で。将来の2室分割がしやすい構成になっています。
 

ロフト… 壁はOSB合板仕上げ。棚板を固定したり、掲示板にしたり。
 

主寝室… 床は信州の唐松材。落ち着いた空間になりました。
 

階段廻り… 手摺を兼ねた本棚。壁厚も有効利用するのです。
 

キッチン脇… 玄関土間とつながる小扉から、土付き野菜を取り出せます。
 

リビング正面の壁… 漆喰にコテ跡を出してアクセント仕上げに。

 
>S様
本日はありがとうございました。
完成見学会のときは雨天で、よい外観写真が撮れませんでした。

梅雨が明けましたら、一度撮影に伺えればと思います。
その時に、リビングから続く和室なども撮らせていただけると有難いです!
ご連絡させていただきます。

 
埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建
無垢の木と漆喰 + 高性能
「わたしたちの暮らし」 が考えられた、自由な家づくり

2017年07月12日桧丸太の家(さいたま市南区)

「桧丸太の家」~現場打合~

さいたま市南区のM邸、配管・配線も順調に進んでいます。

今日は電気屋さんも交えての現場打合せ。
電気屋さんの方からも細かな確認や提案をしてくれるので、いつも助かっています。


大黒柱には、東面ハイサイド窓からの光。


光が天井面に廻り込み、仕上げの漆喰で反射して、
部屋全体をやわらかく明るく包むようになるはずです。

 
埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建
無垢の木と漆喰 + 高性能
「わたしたちの暮らし」 が考えられた、自由な家づくり

2017年07月08日森と暮らす家(杉戸町)

「森と暮らす家」 ~複雑な基礎 その①~

約2か月をかけて基礎をつくり上げました。
木造住宅ではなかなか味わえない基礎でした。

森の傾斜をそのまま生かした計画の「森と暮らす家」。
しかし土地の傾斜や段差は作業の難易度を上げていきます。

根伐り(ねぎり)の量も一般的な住宅の軽く10倍以上はありました。
掘削作業だけでも約1週間かかりました。

基礎工事の計画を何度も頭(かしら)と行い、最終的に下の段から順々につくり上げていくことにしました。
「森と暮らす家」の基礎は大きく分けて3段のレベル構成になるからです。

一番下の段の基礎です。
中間レベルとの高低差は約2m。

鉄筋が組まれるとなお高さを感じます。

コンクリートを流し込んで、
しっかり養生期間を置いて、
型枠外して

キレイな基礎コンクリートが打てました。

横から見ると…

ちょっと上の巾を小さく、斜め壁にしてあります。
(けっこう難しいんですよ。)

ここまで、下の段の基礎でした。

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建
無垢と木と漆喰+高性能
「わたしたちの暮らし」が考えられた 自由な家づくり

2017年07月05日和瓦と庭々の家(さいたま市中央区)

「和瓦と庭々の家」~上棟~

さいたま市中央区A邸、上棟しました。

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2017年07月04日マチニワの家(さいたま市大宮区)

「マチニワの家」~気密測定~

さいたま市大宮区の「マチニワの家」。
敷地は、大きな公園の緑を望む角地です。
 
上棟から1ヶ月半。
アプローチ軒裏の杉板貼りも完了し、外部作業も順調に進んでいます。
外壁は、リシン化粧壁(オリジナル左官仕上げ)になります。

昨日、工事中間時の気密測定を行いました。
負圧状態で、5人で隙間チェック。最終結果は、C値(隙間相当面積)=0.61。

気密の弱点になりがちな、木製玄関ドア(製作)や引違いサッシも多用しています。
住む人の「暮らしの豊かさ」を捨ててまで、「性能」だけを追い求めるのは違うかな、と。
誰のための、何のための、家なのか…常にバランスを考えながら、ですね。

ちなみに、高性能住宅を謳っている大手ハウスメーカーさんの大半の住宅よりも、
気密・断熱性能のいい家を、普通に作っています。
プランもはるかに自由度が高いですが、例えば「マチニワの家」は、耐震等級3を取得しています。

広告宣伝にお金をかけていないので、皆さんになかなか知られることがないのですが、
デザインと性能を両立させた「木の家」づくりに取り組んでいる工務店さんは、全国各地域にあります。
家づくりのパートナーの選択肢、ぜひ広げていただきたいです!

 
埼玉 木の家 注文住宅 榊住建
設計事務所+工務店
無垢の木と漆喰 + 高性能
「わたしたちの暮らし」が考えられた、自由な家づくり

日記カテゴリ

もっと見る