さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

最近の投稿
アーカイブ
日記カテゴリ
2010年8月
2010年08月25日LOHASな暮らし

太陽熱の利用

8月14日朝日新聞に『牛舎の屋根、石灰塗ればモー涼しい、猛暑対策に効果』という記事が掲載されました。

2010-08-25-1
<記事抜粋:千葉県市原市の佐久間牧場は、約50頭の乳牛がいる牛舎の屋根を白く塗った。猛暑だった2007年夏、子牛が3頭死んだ時と比べると、餌をよく食べ乳量も平年並みになりそうだ。塗る前に約60度あったスレート屋根の裏の温度が、塗布後、約30度に下がった。>

2010-08-25-2

2010-08-25-3
千葉県市原市の佐久間牧場に行ってきました。確かに天井ファンの回る牛舎内は驚くほどに涼しい!!。牛もゆったり気持ちよさそうでした。
「石灰をまいただけですから、費用は1万円以下」という佐久間さんの言葉に、更にビックリ!!
そうなんです。太陽エネルギーには、“熱と光”があるんです。何百万もかけて“太陽光”を利用する太陽光発電より何万、何十万で出来る“太陽熱”を利用、工夫する方が賢明なのです。

2010-08-25-4

2010-08-25-5
この夏は特に猛暑です。2階の部屋の暑さがひどい3軒の家の“猛暑対策”をいたしました。夫々に共通していることは「屋根に太陽熱対策がない」ということです。
小屋裏の熱い空気(70~80度)を排除することが大切です。貴方の家はどうですか?

2010-08-25-6

2010-08-25-7

2010-08-25-8

2010-08-25-9
二階の天井に空気の流れを考慮し二箇所ほど穴をあけ、専用の換気扇を取り付け、室内の熱い空気を天井裏に送り、軒裏の排気孔から屋根裏の空気共々排気します。費用は20万円です。この夏、猛暑でお困りの方、参考にしてください。
『太陽光より、太陽熱の対策が大切!』であることを牛舎とそこの牛たちが教えてくれます。
埼玉・木の家・つくり人:小山

2010年08月21日朝霞市 B邸

基礎工事着工

お盆前から基礎工事着工しているB邸
配筋作業が始まりました

B邸は『長期優良住宅』の認定を受けている建物

基礎の立ち上がり外周部は巾180mmにて施工します。

もちろんコンクリートは耐圧盤、立ち上がり一体打

上棟は9月上旬の予定です

KC3O0063
埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2010年08月09日LOHASな暮らし

埼玉いえ・まち再生会議

『埼玉いえ・まち再生会議』の第一号プロジェクトが完成いたしました。
“住宅地の高齢化”“宅地の空洞化”“街並みの細分化”等、私たちの身の回りの住宅地に大きな変化が起きています。
『埼玉いえ・まち再生会議』は住民の皆様と協議し、設計者、工務店、不動産、行政等が協働し、それらの諸問題に取り組んでおります。

2010-08-09-1
安藤様は市民会員として、佐倉市への転居と同時に、大宮の上小町の従前のお住まいの処分を当会に相談され、佐倉の新居は“武家屋敷街”という環境に配慮したお住まいを考え、このほど完成し、会員の「見学・勉強会」を行いました。

2010-08-09-2

2010-08-09-3
安藤邸は武家屋敷見学の外来者が自由に出入りできるようになっており、その方を囲炉裏で接待いたします。

2010-08-09-4

2010-08-09-5
埼玉県の杉・桧と漆喰壁。榊住建オリジナルの“SSソーラー”による、“夏の排気と冬の暖房”は見学の皆様から、「この酷暑の中、大変気持ちの良い家」…との感想を頂きました。

2010-08-09-6

2010-08-09-7
残してきた、大宮の上小町の土地は、“第二号プロジェクト”として、現在計画中であります。
*「佐倉の安藤邸の見学」ならびに「埼玉いえ・まち再生会議」のお問い合わせは、㈱榊住建まで!

埼玉・木の家・つくり人:小山

日記カテゴリ

もっと見る