さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

最近の投稿
アーカイブ
日記カテゴリ
2009年10月
2009年10月11日足立区 Y邸

『自由に木を魅せる準耐火構造の家』~足立区 Y邸~

2009-10-11-1
外部のモルタル塗り、ほぼ完了しました。
今回のY邸は45分耐火のためモルタルを30mm塗りました。
やはりサッシのチリはいつもより少ないです。

2009-10-11-2
先日の台風のため、外部足場のシートをたたんでいました。
普段、工事中の外部の様子を遠くから見ることはほとんどありません。
下地がきれいなのかこのままの仕上げでも悪くないという感じです。

2009-10-11-3
内部は間仕切下地、天井下地も終わりました。

2009-10-11-4
現在、唐松t20のフローリング貼り作業です。
木工事も後半になり、ここからは仕上げの職方さんが参加してきます。
木製建具や家具の打合せ、電気・照明の最終位置や下地の確認...などです。
来月初めには木工事完了予定です。

埼玉 木の家 注文住宅 榊住建

2009年10月05日”ほっとする家”~榊の家~

2009秋のDIY教室開催のお知らせ

2009-10-15-1
今年も秋のDIY教室を開催いたします。

今回で7回目を迎える秋のDIY教室。すっかり恒例のイベントになりました。
左官教室・木工教室・塗装教室など行います。
左官教室では珪藻土としっくい塗りの体験ができます。
工事中の施主施工をされるお施主様はぜひ一度体験されることをお勧めいたします。

また、塗装教室ではフローリングや外部手摺など木部のメンテナンス方をプロの塗装屋さんが教えてくれます。OBのお客様もぜひお越しください。

2009-10-15-2
陶芸教室もあります。オリジナルの茶碗づくりを楽しんでくだい。

このほか1.5坪の「榊のほっとする家」をお子さんたちにつくって頂く企画があります。
もちろん、大人の方の参加も大歓迎です。
榊のほっとする家づくりの体験とその構造を、実際の建物と同じ仕様でつくって頂きます。
構造合板を張ったり、断熱材を入れたり、石膏ボードを張ったり。。。
たくさんの未来のちびっ子棟梁をお待ちしております。

2009-10-15-3

2009-10-15-4
お昼は、トンカチやクギ、左官コテや板金ハサミなどを器用に使う職人さんたちの美味しい芋煮とバーベキューをお召し上がりください。

詳しい内容は榊住建HPをご覧ください。
たくさんの方のご来場をお待ちしております。

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2009年10月03日LOHASな暮らし

日本の暮らしと住まい

遅ればせながら、私の夏の思い出のご報告です。(8月22日から26日まで、2110km・車の一人旅)
目的は「日本の暮らしと住まい」の確認の旅です。
22日、早朝3時30分に浦和を出て、最初の訪問は“近江八幡”です。
京都市の北“越畑”の農村風景は感激です。

2009-10-03-1
京都市“美山”はわらぶきの里、農作業や暮らしが根付いています。

2009-10-03-2

2009-10-03-3
民家百選の“小林家”にも生活があり、京野菜を栽培しています。

2日目の宿泊先は“伊根の舟屋”です。一度は訪ねてみたいと思っておりました。

2009-10-03-4

2009-10-03-5

2009-10-03-6

2009-10-03-7
漁船が大型化して舟屋に入れません。又、木造舟が舟虫に食害される心配は、舟がFRPになりなくなり、今は舟屋の必要性はありません。
“砺波平野の散居村”は地元の農家に守られ、“相倉集落”は観光地化されています。

2009-10-03-8
“白川郷”の2枚の写真を比べると、道路沿いにアル地域振興センターの建物が景観にそぐわず、これを避けて写真を撮る人が多いのです。皮肉的な現象です。

2009-10-03-9

2009-10-03-10
白川郷のハズレの山の中にとても素敵な家があります。生活があり今回の旅行で一番お気に入りの写真です。

2009-10-03-11

2009-10-03-12
伝統的な街に住むことは大変です。あまり無理せず現代の工法で周囲にマッチしたデザインの住まいもアリではないでしょうか。

2009-10-03-13
川の水を植木にやる“古川の町”。何代も継承する“高山市”の下駄屋さん。夫々の生活があります。(15000円の下駄を思い出に購入!!)

2009-10-03-14

2009-10-03-15
農村の地域活動の草分け的“明宝レディース”も一度は尋ねてみたかったところです。とても美味しいケチャップをお土産にしました。“郡上の町”は水の街です

2009-10-03-16

2009-10-03-17
“妻籠宿”の江戸時代からの(旅籠松代屋)に泊まり、早朝の街を散策しました。

“大妻籠”の民家“藤原家”は住まいの原点のようであり、“馬籠宿”の朝は、ほうきによる掃除から始まります。

2009-10-03-18

2009-10-03-19
“上村・下栗”は山の傾斜地の農耕に支えられている、日本の古里的存在です。

2009-10-03-20

2009-10-03-21

2009-10-03-22

2009-10-03-23
ここを「日本のチロル」と名づけた大学教授。この地域に似つかわない村役場。
どちらもがっかりです。

2009-10-03-24
この山里は、地域の住民、特に高齢者が支えているのです。

2009-10-03-25

2009-10-03-26
中央道で帰路につきました。東京都にも“佐野川”地域というお茶畑と白壁土蔵の素敵な山里がありました。

2009-10-03-27

2009-10-03-28
日本の地方の暮らしや住まい、街並は、まだまだとてもきれいです。都会の雑踏に染まらないことを祈る旅でした。

埼玉・木の家・つくり人:小山

日記カテゴリ

もっと見る