さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

安全な家・安心な家

地震に強い家

基礎

基礎の外周部は継ぎ目のないベタ基礎一体打ち工法としています。
街なかの工事現場を見ていると、多くの建物のベタ基礎は、床と立上り部分を別々に施工しているため、
継ぎ目があります。一体打ち工法では継ぎ目がないため、構造的に一体となります。

また、継ぎ目から入る湿気が鉄筋を腐食するリスクや、シロアリの侵入経路となるリスクも減ります。
高い施工技術を必要とする工法ですが、建物の耐久性を考えると非常に安心感の高い方式です。

構造

主要な柱梁に骨太の無垢構造材を使用しています。そして、阪神淡路大震災後に共同開発した金物を使い木材の断面欠損を少なくし、柱と梁を堅固に結合しています。(詳しくは、構造の実物模型等を見ていただきながらご説明します。)

床には厚い構造用パネルを張り、剛床としています。柱の外側には、透湿性の高いパネル(耐力壁)を施工します。
壁内結露など、建物の耐久性に関わるリスクを抑えるためです。

耐力壁

現在は、「モイス」を使用しています。耐力壁としての性能のほか、燃えない、腐らない、白アリの蝕害を受けない、透湿及び調湿性が高い、遮音性が高い(石膏ボード9.5㍉厚2枚分)など、非常に多機能で優れた材料です。
合板よりも耐久性に優れ、筋交を用いたときに生じる断熱材の欠損がない点も採用している理由の1つです。

設計

地震や暴風による建物の揺れに対しては、適切なバランスと十分な耐力壁量が確保できるよう設計し、一棟ずつ壁量計算を行って、耐震等級3(日本住宅性能表示基準)を基本としています。
屋根面や床面の水平構面の剛性も検討し、より安全性の高い設計を行っています。

火に強い家

防火構造の大臣認定を受けている、火に強い壁構造を採用しています。 外壁の通気層は建物内につながっていないので、火が建物内部に回りにくい工法です。(詳しくは、外壁の実物模型等を見ていただきながらご説明します。)
また、省令準耐火構造の建物とすることも可能です。(火災保険料が大幅に割安となります。)
柱・梁のあらわしが可能なJBN仕様にも対応できる資格を備えています。

腐りにくい、シロアリに強い家

床下の構造材は耐久性のある桧を使用しています。また、パッシブソーラーシステム等の利用により床下を換気し、湿度を十分に下げることでシロアリなどの害虫が住みづらい空間にしています。(この場合、基礎内断熱工法を用います。床下は、室内空気環境となります。)

また、前述の通り、基礎の外周部はベタ基礎一体打ちです。継ぎ目がないため、湿気やシロアリなどの害虫が侵入しにくい構造となっております。外壁についても前述のように、モイスはシロアリの好む成分を含まないため、耐力壁には劣化対策等級3(日本住宅性能表示基準)の防蟻処理が不要となっています。

県産材/国産材の利用

近くの山で育った木が、家に使われている…ほっとするし、うれしいね、という声がよく聞こえてきます。榊住建では、埼玉で育った木をはじめとして国産の木材を中心に、構造材から内装材、家具に至るまで、無垢の木をたっぷりと使います。

その地域で育った木でつくられた家は、日本の気候や風土に適し、長持ちすると言われています。秩父や飯能の山や製材所などを見学するバスツアーを毎年行っています。実際に、大黒柱や梁に使う木の伐採も可能です。我が家の大黒柱となる木を切りに、ご家族で参加してみませんか?

また、三富地域(埼玉県西部)の森から採れるヤマザクラやコナラをカウンターなどに利用しています。地域の森の循環につながる取り組みに参加しています。埼玉の山の空気を感じる旅に出掛けましょう!