さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

くらしのサポート

2018年01月26日

無垢材の床のスキマを掃除する。

さーむーい〜!
先日の雪はすごかったですね。
思わずはしゃいで息子とかまくらを作ってしまいました。
製作時間は1時間弱でした。

さて、雪が降るほど寒いと家の中は暖房が欠かせなくなります。

エアコン暖房の場合は室外機が雪に埋まらないように気をつけてください。冷気が出てきたり故障の原因にもなります。

我が家はガスファンヒーターで瞬時に温まり使い勝手がいいです。
他にも薪やペレットストーブ、石油ストーブ電気ストーブいろいろ種類がありますが、暖かさと引き換えに家の中はどうしても乾燥しがち。

無垢材の床はスキマが開いてきているのではないでしょうか?

我が家の杉床もスキマができてます。

これは無垢材の宿命ですね。

実はこのスキマに結構ゴミがたまってしまいます。
特に掃除機をかけずにクイックルワーパーで済ませてしまうご家庭も多いかもしれませんが、床をなぞっただけでは吸着しきれなかったゴミがスキマに埋め込まれてしまいます。

定期的にスキマに沿った丁寧な掃除機がけをお勧めします。
それでもスキマのゴミが気になる方は以下の方法をお試しください。

⑴ いらないクリアファイルを約5×4cm四方くらいにハサミでカットします。

⑵ 半分に折って画像のようにナナメに切り込みを入れます。

⑶ スキマの溝に沿ってゴミをかき出しながら掃除機で吸い取ります。

これで結構取れますよ。
食べかすやら、ホチキスの針やら切った爪なんかが出てきます。

あまりに取れるので、時間を忘れて夢中でほじくってしまいました。

はぁ〜スッキリ。

是非お試し下さい。

くらしのサポート 記事一覧