さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

最近の投稿
アーカイブ
日記カテゴリ
2019年9月
2019年09月26日藤棚を眺める家

「藤棚を眺める家」~木工事~

最近築年数が経った住宅のリフォームの仕事が、増えつつあります。

家族構成が変わり元の住宅を改修する場合、新たに中古住宅を購入して住まいを変える場合。

その方々のご要望に合わせて、改修を進めていきます。

 

写真は、昭和54年に建った2階建ての木造住宅です。

外壁と屋根は既存のまま残し、1階・2階の間取り変更、断熱・耐震補強、設備機器交換の工事を行います。

1階は建物奥(北側)にキッチンがありましたが、南側庭の藤棚が見える明るい場所に移動して、2部屋を1部屋にして、LDKを設ける予定です。

3人家族で住まわれ、洗濯干し場としてしか使われなかった2階バルコニーは、デッキを敷いてバルコニーとして利用しやすくする計画です。

(写真は構造図)

昭和56年年5月31日以前に建築された旧耐震建築物に該当するため、

さいたま市の助成金が交付される耐震補強助成事業を活用しています。

耐震補強計画を事前に検討して、解体後に現場の状況を見ながら筋交い・梁・柱の金物補強を行いました。

室内側の壁や、下屋根の天井に合板を貼り耐力壁を作り耐震性能を高めています。

また今の断熱性能に合わせて断熱材も床壁天井すべて入れ替えています。

今日の現場は大工さんが天井を組んで断熱材を入れ、階段も登りやすい位置に変更して作成しているところです。

11月下旬に完成予定です!

 

2019年09月14日”ほっとする家”~榊の家~

倉庫・農作業小屋 工事完了

先月末に工事完了した農家さんの倉庫・作業小屋。
台風や雷雨もあったので様子見に伺いましたが、何もなくて一安心。

建物は奥行5.4mほどありますので軽トラックやトラクターを駐車しても後ろに収納や作業スペースが
充分取れます。棚などはこれからDIYで整えていく予定。一部屋は雨風入らないように吊扉を付けて
ポリカの波板で区画しました。

お土産にいただいたには初めて見る『ポポー』という珍しい果物。バナナとマンゴーを混ぜたような南国の
味で美味しくいただきました。

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2019年09月12日猫とともに暮らす家(上尾市)

「猫とともに暮らす家」~構造躯体工事~

上尾市S邸は構造金物や耐力面材の施工が完了し間もなく
瑕疵保険と住宅性能証明の躯体検査のタイミングです。

構造計算に基づいて所定の金物、耐力壁を施工します。
この部分は高耐力ホールダウンを使用。

耐力面材モイスも釘種や間隔で壁倍率を使い分けます。

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2019年09月05日緑と暮らす家(飯能市)

「緑と暮らす家」~お引渡し~

飯能K邸はお引渡しとお引越しが完了しました。
八寸勾配の切り妻屋根とウッドロングエコ塗装の杉板外壁が特徴の住まいです。
3.3Kwの太陽光パネルを設置し発電した電気は自家利用を第一とし、2年前に竣工
した主屋にも送電してます。

暖房用に床下エアコンを設置する事により家全体を温度差なく暖房します。
各室の床吹き出し口からは手をかざせば感じる位の風速で温風が出ていて
浴室やトイレ利用時のヒートショックを防止します。

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2019年09月03日BAR一滴水(さいたま市浦和区)

「BAR一滴水」 ~もうすぐ完成です~

北浦和駅の東口(テナントビル)にて、ウイスキーとカクテルがメインのバー、

「BAR一滴水」 の新規改装工事を行っています。

設計・施工 : 榊住建一級建築士事務所

 

床材にはオーク・ラスティック、カウンターには岩手県で育ったナラ材を使用。

杉のルーバー天井が、想像以上に上質な雰囲気を醸し出しています。

 

 

照明は、飯能に工房を構える 「Feel Lab」 の弦間康仁さんにお願いしました。

小さな灯りを、デザインからプロダクトまでご自身で手掛けられています。

 

このあと現場では、庭師さんのアプローチ工事が始まります。こちらも楽しみ。

10月初旬のOPEN予定です。

 

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

 

日記カテゴリ

もっと見る