さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

最近の投稿
アーカイブ
日記カテゴリ
2016年6月
2016年06月27日次代へ住み継ぐ家(場所:非公開)

「次世代へ住み継ぐ家」解体工事~曳家(ひきや)~基礎工事 その2

いよいよ曳屋(ひきや)です。

K邸 曳家 柱

柱を横部材(鉄道のレール)にしっかりと固定して、建物を浮かします。
この横部材を井桁(いげた)に組み、建物が歪まないようにします。

K邸 曳家 ジャッキ

小さなジャッキで建物を上げて枕木を積みその上に置き、
またジャッキで上げて枕木を積んでその上に置く。

何度も繰り返して1mほど浮かします。

K邸 曳家 枕木

何だかジェンガみたいです(笑)。

そして建物を曳く方向に
真っ直ぐ水平にレールを設置します。
K邸 曳家滑車

滑車に建物を乗せて準備完了。

K邸 曳家母屋

曳くのは人力です。
解体時に瓦や土壁を撤去したので
建物はそんなに重くないのです。

K邸 曳家母屋2

赤ちゃんのハイハイ位(もう少し遅いかな?)の速度で
ゆっくりと曳いてきます。

K邸 曳家 母屋完了

20分くらいで母屋の曳家工事完了。

曳くまでの段取り(準備)で約1日
実際曳くのは20分。
ザックリ、段取り9分5厘てことですね。

段取りがとても大切な工事です。

K邸 曳家 増築棟

翌日、2階家も曳いて
曳家工事の前半工事は完了です。

曳家前
K邸 曳家前

曳家後

K邸 曳家完了

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2016年06月20日20坪の広い家(白岡市)

「20坪の広い家」~杉の無垢フローリング~

白岡市S邸はクリーニングが完了しました。
ずっと養生されていた杉のフローリングもお披露目
P1020145

キッチン廻りの家具は大工造りによるもの。ステンレスカウンターは水はねを考慮しバックガード高さを30cmとしました。
P1020137
P1020140

現在、建て主さんによる床塗装作業中。完了後現場に伺うのがまた楽しみです。
埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2016年06月13日次代へ住み継ぐ家(場所:非公開)

「次代へ住み継ぐ家」 解体工事~曳家(ひきや)~基礎工事 その1

解体工事も無事完了しました。
K邸 解体妻壁

築67年の小屋組はとてもダイナミックで力強いです。

一方、梁のもつ自然な曲がりや長い時間をかけてできた煤(すす)の色はとても柔らかい印象を与えてくれます。
K邸 解体小屋

足元はというと基礎が無く石の上に柱を建てた工法

”石場(いしば)建ての家”でした。
(ちょっと改修してました。)
K邸 解体柱石場

今回の工事計画の一つに耐震改修があります。

建物の耐震補強はもちろんですが、

地盤補強と基礎工事も行います。
K邸 解体全体

そのため、建物を一旦「よっこいショ!!」します。

曳家(ひきや)と言います。

K邸 曳家1

建物を持ち上げて、電車のレールの上を引っぱります。

原始的な方法ですね。

今回はここまでです。
続きはまたご報告します。

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2016年06月09日木と漆喰のパン屋さん(川口市)

「木と漆喰のパン屋さん」  ~内外装工事が進行中~

川口市のパン屋さん、順調に工事が進んでいます。
外壁のリシン化粧壁(榊オリジナル)も完了。外観の雰囲気が出てきました。
入口ドアは、ピーラー(米松)の框戸となります。建具屋さんが工場で製作中です。

室内も、厨房の塗装仕上げがほぼ完了。
売場部分の漆喰仕上げは明日行われる予定です。

お店の看板のイメージも確認できる状態になり、ワクワクしてきました。

建物は、来週末に完成の予定。
来月中旬のオープンまで、あと1ヶ月ちょっとです。

 

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2016年06月03日生垣のある二世帯住宅(所沢市)

「生垣のある二世帯住宅」~音への対策~

足音や、床に物を落とした時、椅子や机をひきずった時など
2階から1階へ伝わる音はかなり気になることがあります。
特に二世帯住宅の場合は、多少なりとも防音対策についての検討が必要と思います。
防音対策についてはいろいろと方法がありますが、伝わる音をなるべく小さくしようとするほど
やはりコストもかかってしまいます。
今回は費用対効果に優れた方法として、床下地板の上に15mmの石膏ボードを張りました。

IMG_0300

石膏ボードは、通常の石膏ボードと比べて2倍以上の重さのあるものです。
床下地板と石膏ボードの間には、弾力性のある接着剤(サウンドカット)を使用しました。
完全な防音とまではいきませんが、かなりの軽減効果があります。

屋根の断熱材はセルロースファイバーです。
他の断熱材よりも、防音や調湿性能に非常に優れた材料です。

IMG_0325

排水管も防音仕様です。
特に2階から1階への立管が室内にある場合、排水が流れ落ちる時に結構音がします。
通常の塩ビ管の廻りに吸音材と遮音材が巻いてあります。
メーカーによると19dB低下させる効果があるようなので、かなり静かになりそうです。

IMG_0395
IMG_0401

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2016年06月01日眺望の家(さいたま市浦和区)

「眺望の家」~地鎮祭~

お天気にも恵まれ、清々しい気持ちの中で地鎮祭が執り行なわれました。
中山神社さん、宮司さんは女性の方です。

yk160601

62坪の敷地に、2階建て・延べ面積35坪の住宅が建ちます。
玄関廻りの外壁には小端積みの天然石を、LDKの床にはチークの無垢材を使います。

壁はもちろん漆喰です。リビングの一部壁は、アクセントとして石調エコカラット貼り。
吹抜に面した2階窓からは冬には日射が得られるよう、 「パッシブデザイン」を心がけて設計しました。

来週には基礎工事が着工となり、上棟は7月上旬を予定しています。
2階展望デッキからの眺め、今から楽しみです。

 

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

日記カテゴリ

もっと見る