さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

最近の投稿
アーカイブ
日記カテゴリ
2015年12月
2015年12月28日”ほっとする家”~榊の家~

2015年 榊住建 『ほっとする家』のご紹介

本日、加工場の清掃を行い年内の作業は終了です。
今年最後の更新は『2015年 ほっとする家』のご紹介です。

4月 さいたま市 M邸 【設計監理 榊住建一級建築士事務所】

DSC_0029

4月 さいたま市 N邸改修 【設計監理 榊住建一級建築士事務所】

DSC_0014

5月 さいたま市 A邸 【設計監理 坂元建築設計事務所】

DSC_0015

6月 さいたま市 N邸 【設計監理 アンアート設計事務所】

IMG_2512

6月 毛呂山市 C邸 【設計監理 NDP設計】

0

6月 宮代町 H邸 【設計監理 小田宗治建築設計事務所】

DSC_0046

7月 さいたま市 福祉ネットワークさくら 改修 【設計監理 榊住建一級建築士事務所】

DSC_0035

8月 蓮田市 S邸 【設計監理 榊住建一級建築士事務所】

DSC_0006

10月 さいたま市 Y邸 【設計監理 榊住建一級建築士事務所】

DSC_0041

11月 さいたま市 O邸 【設計監理 i+i設計事務所】

DSC_0054

今年もたくさんの方々のご協力をいただきました事、社員一同御礼申し上げます。
来年も宜しくお願いいたします。
皆様、お体に気を付けて良い年をお迎えください。
埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2015年12月26日”ほっとする家”~榊の家~

本日、事務所の看板上がりました。

看板を貼り付けていた外壁タイルも30年が経過。
あちこち浮いてきているので、杉板張りへのお色直しを…とブログで書いたのが3日前。
本日の午前中、無事に看板が復旧されました!

阿部棟梁、看板を外す前に、上部の水切に元の位置をキッチリ墨出ししてあり、
さすが、何をしても段取りが良く、丁寧な仕事です。(看板付けるのは初めてだそうですが…)

yk151226-1

yk151226-2

外壁のリシンかき落としは、相変わらずのノーメンテナンスですが、
色持ちも良く風情もあり、30年経ってこの雰囲気というのは、なかなかです。

現在は、かき落としではなく、榊オリジナルのコテ仕上げを採用することが多いですが、
皆さんのご想像とは真逆で、大変汚れにくい伝統的な左官仕上材です。
仕上げの工期を少しかけるだけで、長持ちして雰囲気のある外観となるのでお勧めですね。

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2015年12月23日”ほっとする家”~榊の家~

本日、事務所の看板を下ろしています。

yk151223-2

yk151223-1

本日、事務所の看板を下ろしています。
長きに渡り、大変お世話になりました、
外壁のタイルさん。

…ということで、看板を貼り付けていた外壁タイルが、
あちこち浮いてきていて、本日、撤去してもらっています。
年内のうちに、タイル部分は杉板張りへとお色直しの予定です!(完成したらご紹介します。)

yk151223-3

今年は事務所内も床を張り替えたり、少しずつ手を入れています。
ホームページには載せていないリフォームのお仕事も現在、たくさん動いています。
手を入れながら、使い続ける時代へとシフトしてきていますね。

ただ、住み手にとって快適な生活環境をつくるためには、建替えた方がよい場合もあります。
私たちは、そのお手伝い(住宅診断=インスペクション)をしていますので、
ご心配なことがありましたら、どうぞご遠慮なくお声かけください。

(もちろん、新築のご相談もお待ちしております。)

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2015年12月19日さいたま市桜区A邸

雨漏り散水調査

改修工事中の安藤接骨院さんの旧診療所。
以前から少量の雨漏りがあるとの事で修繕のため、板金屋さんと散水調査を行いました。
怪しいかなと思われる箇所を順番に散水しながら内側で水が浸みてこないか確認していきます。
何度か作業を繰り返して原因を把握することが出来ました。
P1010238

P1010258

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2015年12月12日切妻の家(さいたま市中央区)

「切妻の家」~天候回復 コンクリート打設~

外構工事中のさいたま市O邸
着工した頃の天気予報ではコンクリート打設予定日が雨予報でしたが、
晴れ男の外構屋さんのおかげで無事打設完了。これでお引越しまで十分養生ができます。
駐車場コンクリート

埼玉 無垢と漆喰の家 注文住宅 工務店 榊住建

2015年12月10日次代へ住み継ぐ家(場所:非公開)

次代へ住み継ぐ家

kizongaikan
戦後まもなく建てられた家(築70年)を次の代へ住み継ぐための大規模リフォームです。
既存の柱や梁のほか、思い出の建具などを大事に残しながら計画していきます。
振動実験に基づく耐震計画や、新しい全館空調システムの計画により
建物の性能を大幅に向上させます。

★戸建て/次代へ引き継ぐリノベーション
 設計・施工:榊住建
 延べ(床)面積:約90坪

2015年12月09日”ほっとする家”~榊の家~

築16年のOB宅で、家族用玄関とサンルームの増築

yk151027-4

改修工事中の様子。

yk151209-1

完成しました。
手前がサンルーム、奥が家族用の玄関…合わせて3坪位の増築です。

yk151209-2

家族用玄関はリビングダイニングとつながっています。
既存の掃き出しサッシを外して接続させました。透過性のある木製建具で開閉できます。

yk151209-3

この土間、ワンちゃんのゲージが置かれて冬はホカホカ、夏はヒンヤリの居場所になります。

yk151209-4

サンダルやローシューズは、ちゃんと框下に収納できるようにしてあるのです。

yk151209-5

こちらはサンルーム。全開口の折戸です。奥に見えるのは既存雨戸の戸袋…うまく納まりました。
壁は杉板。外壁側のみ、エボニー色で着色。

yk151209-6

yk151209-7

yk151209-8

こんな感じで、図面も7枚描いています。保管図面や実測を元に、既存部との取り合いを検討しながらの作図です。
特に、既存ベランダの軒裏と、サンルーム屋根の高さ関係がシビアでした。
現場に伝えて、微調整しながらうまく納めてもらいました。さすがの現場力。

工務店のいいところです。特に改修工事の場合には、このへんのやりとりがとても大切。
設計していて、いつも思います。

yk151209-9

Sさんちのレモンの木…今年が10年目で、はじめて実が成ったそうです。
鮮やかな黄色の実をみていると、なんだか嬉しくなります。時間の賜物です。

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2015年12月07日さいたま市桜区A邸

現役引退した診療所を無垢と漆喰の空間に改修中

数十年、地元密着で診療をされいる安藤接骨院さん。
向かいの土地に当社で新しい建物を施工させていただき、今までの建物からお引越ししたのが今年の6月でした。
安藤接骨院

今まで頑張ってきた診察室を今月から改修工事させていただいています。
断熱や気密処理をしっかりと行った上でナラの無垢材と漆喰の空間に生まれ変わります。
P1010015

改修工事

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2015年12月05日20坪の広い家(白岡市)

20坪の広い家

img1
総二階で延べ20坪の家の計画です。
スキップフロアを駆使して空間を最大限に利用します。
広く快適に暮らすための工夫がいっぱいの家です。

★新築/2階建て
 設計:POINT
 施工:榊住建
 敷地面積:約33坪
 延べ(床)面積:約20坪

日記カテゴリ

もっと見る