さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

最近の投稿
アーカイブ
日記カテゴリ
2013年3月
2013年03月26日さいたま市浦和区 N邸

『元町のコートハウス』…浦和区 N邸

3月25日、浦和区N邸の地鎮祭が行われました。
狛犬ならぬ狛うさぎ?で有名な、浦和・調神社の神主さんにお務めいただきました。

2013-03-26-1
N邸は、準防火地域に建ちます。北面道路で、残り三方は家々に囲まれていますが、
東隣地の路地状敷地が生む 「スキマ」 や細長い 「敷地のカタチ」 を生かして、
南東方向に開かれた中庭を配置しました。家の中のどこに居ても見える 「中庭」 。

2013-03-26-2
N邸は、大人のための住まいです。それぞれの 「ほっとする場所」 が家の中にあって、
程よい距離感を保ちつつ交わる、 「街並みのような住まい」 をつくりたいと思います。

2013-03-26-3

2013年03月19日”ほっとする家”~榊の家~

秩父で育った大黒柱

2013-03-19-1
2年前に完成した 浦和区 I邸 には、秩父で育った大黒柱が使われています。
奥様が秩父出身というご縁もあり、ご家族の見守る中で伐採した、思い出の柱です。

2013-03-19-2
先日、秩父へお邪魔した際に、角仲林業・山中社長が、「伐採したのはココだよ。」
と、案内してくださいました。
樹齢70年を越える杉の木が整然と立ち並んでいる中、切り株を見つけました。
形がまだしっかり残っていて、生きているように見えます。

2013-03-19-3
山から、そして木から学べることは、たくさんあります。
「木」が「柱」になっても生きているように感じるのは、木の家にいると心安らぐのは、
理屈ではなく、私たちも生物であるいう当たり前のことから来るのかな、と思います。

榊住建の「ほっとする家」は、木の家です。
家づくりの過程も楽しみながら、建主さんと「共につくる家」です。
「買う家」では決して得られない体験を1つ1つ積み重ねながら、
顔の見える人たちの、多くの手でつくる家です。
その「違い」が気になる方、ぜひ榊住建へご相談ください。

2013年03月15日LOHASな暮らし

木瓜の花

木瓜の花が、近所の畑の境界に咲いていました。
農作業中の大熊さんに「一枝いただけますか」とお願いしたところ、歩行者に邪魔だから、出来れば全部切ってほしいとのこと。
我が家に飾りきれない程の木瓜の花・・・畑の周りの家におすそ分けをしました。

2013-03-15-1
木瓜の花の枝は意外と豪快です。それに比較し花は申し訳なさそうに付いており、ちょっと触っただけでポロリと落ちます。
居間の壁に掛けてある友人の画家の<りんご>の絵が、おとなしく見えます。

2013-03-15-2

2013-03-15-3
木瓜の花を見ていたら、小学校時代のガキ大将を思い出しました。勉強は苦手で、いたずらっ子増でしたが、子供仲間では一種の華がありました。大人になって彼にいくらかの貸しがありますが、別段取り立てようとも思いません。
そんな、とりとめもないことを、この木瓜の花は思い出させます。

2013-03-15-4
天候不順な毎日です。お体をご自愛ください。

埼玉・木の家・つくり人:小山

2013年03月08日イベント・見学会

『吹抜に大黒柱のある家』 完成見学会

さいたま市浦和区 T邸が無事完成しました。
室内の空気が心地よい、木と漆喰に囲まれた家となりました。
建主さんのご厚意により、明日から2日間、完成見学会を行わせていただきます。
T邸は、榊住建事務所から徒歩2分です。

2013-03-08-1
また、同時開催として 『切妻屋根の瀟洒な家』 の完成見学会も開催します。
こちらも、T邸から徒歩2分と、すぐお近くです。

2013-03-08-2

建主さんと幾度もの打合せを重ねて出来上がった2つの住宅。
外観も、内装も、全く違った個性を持っています。

ご見学を希望される方は、どうぞ弊社までご連絡ください。
(お車の方は、弊社事務所下の駐車場をご利用できます。)
TEL:048-833-3151

詳細は弊社HPをご覧ください。
当日のご連絡もお受けいたします。
ご連絡、お待ちしております。

埼玉 さいたま市 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

日記カテゴリ

もっと見る