さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

最近の投稿
アーカイブ
日記カテゴリ
2012年2月
2012年02月25日千葉県 重ねの家

『スタジオのある五角形の家』~千葉県 重ねの家 性能見学~

本日、性能見学会を開催させて頂きました。
今回は、防音性能について説明をさせて頂きました。

スタジオということもあり、防音性能はかなりのハイスペックになっています。
仕様については、企業秘密(榊オリジナル)となっております。
ご興味のある方は、お問合せ下さい。

防音工事、一部紹介します。

            ↓壁はPB12.5を3枚張りです。

2012-02-25-1
            ↓防音ドア吊込みました。(こちらはパナソニック電工の既製品)

2012-02-25-2
右奥の開口部は、建具屋さんと検討して製作するオリジナル建具を吊込みます。
建具以外にも木枠、防音パッキン、金物など検討しました。

この2種類の建具、完成後にどちらの性能が高いのか防音測定を行います。

4月中旬に、完成見学会を開催させて頂く予定です。
防音測定結果などもお知らせできればと思います。

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2012年02月21日千葉県 重ねの家

『スタジオのある五角形の家』~千葉県 重ねの家 外壁ガラス工事~

Y邸の外壁は全部で3種類。
①ガルバリウム鋼板、②サイディング、そして③ガラス板。

2012-02-21-1
            ↓ガラス板と言っても、コの字型のお化けみたいなものを並べていきます。

2012-02-21-2

2012-02-21-3
コの字の大きさは、巾270mm・奥行100mm・高さ3800~2200mm・厚さ7mmと重量感があり、かなりデカイです。

道路からはこんな感じです。

2012-02-21-4
昨日から、①のガルバリウム鋼板と②のサイディングが始まりました。
今週末には、見学会を行わせて頂く予定です。

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2012年02月20日浦和区 T邸

『記憶を引き継ぐ二世帯住宅』~浦和区 T邸 和室材~

和室で使用する材料の色合いなど実際に見ておきたいと
思っていたので岩槻区の安岡銘木さんにお邪魔してきました。

倉庫内には床柱や天井板、竹材、丸太などなどすごい品揃えです。
見れば見るほど奥が深いですね。
いろいろ説明していただきイメージ固まってきました。

KC3O0004

KC3O0002
埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2012年02月20日LOHASな暮らし

埼玉いえ・まち再生会議

『埼玉いえ・まち再生会議』の活動報告をしてきました。
場所は水道橋の住宅金融支援機構(元:住宅金融公庫)のスマイルホール
日時は2月14日で、参加者は250名です。

2012-02-20-1
持続可能な社会に向け、国の住宅政策は”超寿命住宅(200年住宅)”です。
住宅を200年維持していく為には、人々の意識改革や技術開発の他に、それを支える
仕組みが必要です。

2012-02-20-2

2012-02-20-3
国は其の仕組みを「住まいの長寿命化リフォーム」と位置づけています。
『埼玉いえ・まち再生会議』は、高齢者の住まい管理を主軸とし、超寿命住宅に
家づくりの各業種が協働して取り組んでいます。

埼玉・木の家・つくり人:小山

2012年02月06日LOHASな暮らし

太陽熱ソーラー

今年の冬は大変寒く、北国では大雪で大変お気の毒です。
さいたま市の塩澤様は、太陽熱ソーラーの家を上手に工夫しております。

2012-02-06-1
塩澤邸の2月2日の朝7時は、外気温度-3度、室温は13度、同じさいたま市の私の家(ソーラーなし)は同じ時刻に室温が6.2度です。太陽熱ソーラーの効果がはっきりしています。

2012-02-06-2

2012-02-06-3
塩澤邸ではこの冬、今までの石油ストーブとペレットストーブの併用をいたしました。これからのエネルギーの状況を考慮しての判断です。
ペレットストーブは7万円ほどの安価で管理しやすいものとし、燃料はバークペレット(木の皮や間伐材で作る)よりカロリーが高いホワイトペレット(木部で作る)を使用しています。

2012-02-06-4

2012-02-06-5
バークペレット     ホワイトペレット
塩澤さんの太陽熱ソーラーの最大の工夫は、空気のリターン口を利用した「埃の除去」です。月に1回のフィルターの交換で、埃のない清潔な室内空気になっています。

2012-02-06-6
その他、畳の下の板に穴を開け、毎日屋根から循環する暖かくて乾燥した空気を畳に当てています。畳をビニールで覆うと下から、ほのかに空気が上がっているのが分かります。

2012-02-06-7

2012-02-06-8
床下の暖かな空気は、押入れの床からも噴出し、布団を乾燥します。
夏場は床下には太陽熱の空気は循環せず、床下は外気より冷たくなっています。其の空気を室内にとりれて、どんな効果があるか試してみました。工事費は材料と一緒で3万円でした。

2012-02-06-9

2012-02-06-10
今、太陽光発電が脚光を浴びています。当社は、太陽熱ソーラーを推奨いたします。太陽熱の方が太陽光の利用より、安価な費用で、いろいろ面白い工夫が出来、エレルギー効率も良いからです。

埼玉・木の家・つくり人:小山

日記カテゴリ

もっと見る