さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

最近の投稿
アーカイブ
日記カテゴリ
2010年7月
2010年07月30日LOHASな暮らし

埼玉の山と木

*ヘリコプター墜落事故の犠牲者の方々のご冥福をお祈りします*
先般、秩父の山で遭難した登山者救出のために出動したヘリコプターの墜落によって五名の方がお亡くなりになりました。痛ましいことであります。毎日のテレビ等の放送で、「埼玉の山」が映し出され、県民の多くの方が埼玉の山の険しさと「埼玉の木」の多さに気が付かれたことでしょう!!

2010-07-30-1
埼玉の北西部はほとんど「山と木」なのです。その山と木は見学したり、直接買うことも出来ます。キノコの栽培を見たり買ったりも出来ます。

2010-07-30-2

2010-07-30-3
その他、キャンプ場や秩父ワインという美味しいワインもあります。

2010-07-30-4
この夏休み、子供さんと一緒に「埼玉の山と木」を見に行かれてはいかがでしょうか?
同時に、この山の中で人を助ける為に命をかけて活動している人々の存在を意識し、感謝したいと思います。

2010-07-30-5

2010-07-30-6
埼玉・木の家・つくり人:小山

2010年07月28日さいたま市浦和区 I邸

大黒柱を囲む大家族の家』~さいたま市I邸  大黒柱

昨日、I邸で使用する大黒柱を製材するとゆうことで飯能市にある材木屋さんに行って来ました。

2010-07-28-1
24㎝角の柱にするために製材していきます。なるべく節が出ないように製材するのは職人さんの腕しだいです。

2010-07-28-2
材木屋さんの前を流れている川です。とても涼しげでした。

2010-07-28-3

2010年07月27日日高市 I邸

『郊外に暮らす家-コラボレーション住宅-』~日高市I邸 足場解体しました ~

本日、足場解体しました。

2010-07-27-1
南側の様子。

2010-07-27-2
北側の様子。

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2010年07月21日”ほっとする家”~榊の家~

大黒柱を囲む大家族の家』~さいたま市I邸 基礎工事

2010-07-21-1
昨日と今日の2日間で乾式柱状改良を行いました。
杭芯、杭高さの打合せをして作業開始。
杭径:Φ500
杭長:2.25m
施工本数:48本
とても暑い中での作業でした。

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2010年07月15日さいたま市浦和区 I邸

『大黒柱を囲む大家族の家』~さいたま市I邸 建物配置確認~

新しい現場の始まりです。

2010-07-15-1
本日、建物の配置確認をしました。

計画通り配置確認できました。

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2010年07月14日講習会・勉強会

2010年工事別会議~7月内装工事~

2010-07-14-1
7月の工事別会議は内装工事について行いました。
榊住建で内装をお願いしているのは(有)ハットリさんの1社だけです。ハットリさんの仕事はいつも慎重かつ丁寧で、とても信頼できるパートナーです。

今回の会議の内容は、
①現場での安全管理について
②材料の安全性について
③品質管理について
④現場への要望       

材料の安全性について
建築基準法の完了検査の時に、クロスや接着剤などの写真を提出します。
しかし、検査といってもF☆☆☆☆のマークを確認するだけで、受ける私たちもそのことだけが大切みたいなところがあり、F☆☆☆☆があればメーカーや品名は特に問わないというのがほとんどです。
実際に施工をする内装の職人さんたちは、下地の種類や状態、また仕上げ材によってパテ(下地処理)材や接着剤を選定しています。その選定基準がどんなものなのか、その材は何が主材でできているのかなどを話しました。
F☆☆☆☆だけを重視していて、その中身や特性などを軽視していた気がしました。
パテ材ひとつをとってみても奥が深く、そこに職人の技を感じました。

また、品質管理については仕上げ基礎になる下地処理について話し合いをしました。
真壁(柱や梁が見えてくる壁)仕上げが多いほっとする家。柱際の石膏ボードの貼り方次第で下地処理の手間や仕上がりの精度が変わってきます。
「パテ(下地)処理が少ない方が仕上がりは良いです。」とハットリさん。 私もそう思います。
大工さんの作る下地に、仕上げをする内装屋さん。大工さんが手を抜くと下地に時間がかかり仕上がりもそこそこになる。
「決して楽をしたいために大工さんの下地について話しあった訳ではなく、仕上がりの良いものをお客さんに提供したい」というハットリさんの気持ちに感謝です。

来月8月は木工事会議の予定。
5月の電気会議、6月の水道会議、7月の内装会議での内容を来月の大工会議で伝えたいと思います。 

改めて棟梁とは全ての工種とからむ中心的存在だと感じました。

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2010年07月13日さいたま市浦和区 I邸

『3階建て国産杉と漆喰の家』~さいたま市I邸 外壁リシン化粧壁~

2010-07-13-1
外壁の下地モルタルの養生と開口部廻りのシーリング処理も終わり、本日からリシン化粧壁仕上げです。

お施主さまのIさんは通勤途中に現場があるので朝寄って頂き仕上げパターンの確認を行いました。

2010-07-13-2
スタイロゴテでパターンを作り、水が引いたところで金ゴテで少し撫でる。この少し撫でるが微妙なところで、今回はIさんに確認して頂くことができて良かったです。

段取りが終わり材料を練ろうとした時、天気予報通り雨がポツポツ。やはり自然には勝てません。本日の作業は中止としました。
この季節どの業界もそうだと思うのですが天気と睨めっこで作業も思うように進まずツライ季節です。

自宅では子供がてるてる坊主をぶらさげているのですが、なかなか効果が無いのかなぁ...  と子供のてるてる坊主に期待をしているようではダメですね。
自然とも上手く付き合うのも仕事。曇った気分を払って明日も頑張ろう。

しかし、明日も雨の予報。。。

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2010年07月09日所沢市 O邸

『空中歩道で結ぶ丘の上に建つ家』 仕上工事

内装仕上げ真っ最中のO邸

壁は珪藻土の押さえ工法にて仕上げます。

2010-07-09-1
家具も搬入されました。これはキッチンの作業台、天板と手掛けはサクラを使用。
手掛けは打ち合わせ時にサンプルを作成したものが採用されました。

2010-07-09-2
さいたま 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2010年07月01日所沢市 O邸

『空中歩道で結ぶ丘の上に建つ家』 本日の現場

外部足場に引き続き荷取りステージの解体完了、外部埋設配管作業開始しました。
斜面で大変な作業ですが設備屋さんがんばってくれてます。

住宅の前面部分は1.8mほど基礎が片持ちになっていて斜面から基礎が浮き出しているようになります。

2010-07-01-1
内部は塗装工事の他にタイル、大谷石工事が進行中

2010-07-01-2
棟梁はエレベーター棟の内部造作工事、来週からウッドデッキ工事を行います。
写真はナラの階段手摺り、角材を八角形に加工
その下にあるのがウッドデッキ用の米杉材です。

2010-07-01-3
さいたま 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

日記カテゴリ

もっと見る