さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

最近の投稿
アーカイブ
日記カテゴリ
2010年1月
2010年01月30日LOHASな暮らし

自然素材

日本の家は、いつの時代から自然素材から工業建材へと移行いたしました。
しかし、今でも自然素材に真剣に取り組んでいる人々が居ります。そんな人を訪ねて1月27日冬の北上川に行ってきました。広大な葦原が冬の日差しに輝いていました。

2010-01-30-1
12月から3月までが葦の刈り取りシーズンとか、しかし太平洋側の水分の多い雪が降れば葦は倒れてしまいます。又、大潮の日は水に埋まり作業が出来ません。自然素材はまさしく自然に左右されます。
ハンガリー製の湿地で動ける特殊車両で刈り取り、刈った後は4月ごろ“火入れ”して春の芽吹きを待ちます。

2010-01-30-2

2010-01-30-3
刈り取られた葦は長さ等、人の目で選び、冬の北風に乗せてゴミを除去します。

2010-01-30-4
「昨年の暮れから来ていますが、面白くて帰れない」というアルバイトの神奈川の女子大生!てきぱきと作業しています。
葦の束はトラックにうず高く積まれ、置き場に保管されます。

2010-01-30-5

2010-01-30-6
葦刈り、保管、葦原の整備…等をやっている熊谷産業は全国の茅葺屋根工事も行っています。
昨年8月に相倉で見かけた茅葺屋根工事は相倉の職人さんによるものですが、このように自然素材に真摯に取り組んでいる人々によって、日本の民家は守られているのです。

2010-01-30-7
『北上の夕陽枯葦翁刈る』泉一九

2010-01-30-8

2010-01-30-9

2010-01-30-10
埼玉・木の家・つくり人:小山

2010年01月23日さいたま市浦和区 U邸

『柿木を残す家・2世帯住宅』~さいたま市U邸 完成・引越~

1/17(日)完成見学会の後に無事お引渡しをしました。機器の説明や操作確認を行い、終わったのは8時過ぎでした。Uさん遅くまでありがとうございました。

2010-01-23-1
写真は2階リビングからホールの様子。上部にある幅広障子はロフトとつながっています。リビングの暖かい空気をロフトにあるソーラーシステムのそよ風で1階の床下へ送り家の中を循環さます。

2010-01-23-2
ホールの障子を閉めるとこんな感じです。巾広の障子ですが、威圧感もなくスッキリ見えます。

2010-01-23-3
子世帯の玄関下足入れ。大工さんが現場で製作したもの。下足入れは扉を付けない棚にしました。
棚の手前にある無目枠(鴨居みたいなもの)は間仕切用の布を掛けるために取り付けました。将来的には土間引戸にしても良いです。

子世帯は2階になるので玄関ホールを上がる正面に階段になります。階段踏み板はフローリングと同じカラ松t20です。蹴上げは壁と同じ石膏ボード+しっくい仕上げです。
階段中段部にある扉の奥は、ガレージ上のロフトスペース。U邸はビルトインガレージになっていてその上部にある2階床との間に空間をつくり床を設けロフトとしました。広さは約7帖。物置スペースとしては十分。

2010-01-23-4

2010-01-23-5
寝室からの様子。
廊下奥は巾780奥行2,400の細長いスペース。このスペースはキャスター付ハンガー掛けを2台収納する収納ための部屋。季節ごとの衣替えをいかに簡単に早くするかがこの計画の始まりです。おくの収納部屋からキャスターごと手間の寝室まで一気に運び、寝室入口左側にあるクローゼットの衣類とハンガーごと素早く交換。年に2回の衣替えですがこのこだわりは大切です。

2010-01-23-6
奥様の一番大切なダイニングスペース。そしてこのダイニングテーブル。
天板:クリ  脚:クリ

2010-01-23-7
着工前の設計段階からこのダイニングテーブル奥行きとこの椅子のスペースはどちらを優先するかで悩みました。
最後の最後まで本当にいろいろ打合せをしました。そして検討に検討を重ねた結果、納得のいく空間とダイニングテーブルを実現できました。他の人からみるとどこにこだわりがあるかは分からないと思いますが、きっとこだわりというものはその当人でないと分からないものなのかもしれません。ちなみにテーブルの大きさは「2,100×777」。家具屋さんの何気ない一言で全て円くおさまりました。
『家づくりは縁起良く楽しくつくりましょっ!』
一同、二つ返事で『ハイっ!』で決定。

Uさん、ありがとうございました。そしてお疲れさまでした。
明日、お引越しとのこと。無理をなさらないでください。

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2010年01月21日日高市 I邸

『郊外に暮らす家-コラボレーション住宅-』~日高市I邸 上棟しました~

昨日、1/20(水)上棟しました。

2010-01-21-1
南側から見た様子。

2010-01-21-2
斜め柱?と言うのか登り梁?と言って良いのかを建て込んでいるところ。
建て方手順で悩んだところでしたが、以外とすんなりいきました。

2010-01-21-3
西側から見た様子。

2010-01-21-4
北西から見た様子。

2010-01-21-5
南側屋根の野地板の様子。
上部が5寸勾配、下部が2寸勾配の屋根。

2010-01-21-6
上棟式は榊住建仕様で四隅のお清めを行いました。

図面上では理解していたつもりでしたが、いざ実物をみると迫力がありました。
軸組でこの迫力ですから、サッシや外壁ができあると…。
完成が楽しみです。

完成は7月末の予定。

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2010年01月20日講習会・勉強会

2010年工事別会議 ~基礎工事~

2010-01-20-1
今年最初の工事会議は基礎工事と建て方工事です。
基礎工事と建て方工事を担当する職人さんのことを榊住建では頭(カシラ)と呼んでいます。
今回は2社の頭に集まって頂きました。
安全衛生管理、品質管理、工程管理についてたくさんの意見交換をすることができました。

■地業(土工事)
 ・杭や地盤改良時の根伐りについて
 ・砕石の締め固め方法     など
■鉄筋工事
 ・定着長や補強方法
 ・アンカーボルトの固定方法と精度
 ・カブリの確保   など
■型枠工事 
 ・耐圧盤と立上りの一体打ちの精度
 ・枠固定方法の検討   など
■コンクリート工事
 ・コンクリート打設精度の検討
 ・バイブレーターやその他道具の検討
 ・打設前のモルタル廃棄の確認
 ・天バレベラーの精度について
 ・コンクリート養生の仕方(夏:散水、冬:マット)基本は全面シートで覆う  など

皆さん時間を忘れて熱く語っていました。
自分の仕事に対する真剣な姿勢を感じました。

   会議時間 約3時間。

さすがに現場の作業を終えてからの会議だったので、車に乗る姿は疲れた様子でした。
皆さんお疲れさまでした。

皆さんのお陰で 榊住建の『ほっとする家』があるんだなぁ と思いました。
ありがとうございました。

来月は板金工事の予定です。

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2010年01月19日日高市 I邸

『郊外に暮らす家-コラボレーション住宅-』~日高市I邸 土台敷き~

2010-01-19-1
昨日、土台敷きを行いました。
基礎天バのレベル(高さ)を確認。
基礎パッキンと調整板で最終調整を行い土台を敷き込む。
最後に土台天バのレベルを確認。

2010-01-19-2
その後、ホールダウン・アンカーボルトの確認。
ホールダウンと柱の位置、土台継手部のアンカーボル位置などの確認。
指摘事項なし。

本日先行足場組を行い、明日1/23(水)上棟です。

2010年01月18日LOHASな暮らし

定年後のリフォーム

I邸のリフォームはI婦人の「食堂と居間を家族の集まりやすい楽しい空間にしたい!私の居場所も確保したいナー!」・・・との切実なご希望からはじまった。
リフォーム前の“8帖の食堂”と“10帖の居間”

2010-01-18-1

2010-01-18-2
現状は南の大きな壁が食堂と居間を分離し、空間の連続性がない。
耐震性を確保し、壁の位置を北側に移動し居間と食堂を一体化することをご提案した。

2010-01-18-3
「お正月は、10人以上の家族が集まり、久しぶりに楽しいひとときを過ごせ、リフォームは大成功!」

2010-01-18-4
特に“山桜のテーブル”(飯能の製材所でI婦人選択)はご家族全員に大好評!
I婦人は“家事コーナー”もお気に入り!とのこと。

2010-01-18-5
今回の、リフォームをI氏(昨年会社役員を退任)談
「仕事の重責から離れ、人生の区切りで、自宅に居る時間が多くなり、“我が家”という意識が深まり、今回のリフォームは大変意義があった。精神衛生的にもきわめて効果的で、会う友人にも今回の我が家のリフォーム体験をすすめている」

2010-01-18-6
埼玉・木の家・つくり人:小山

2010-01-18-7

2010年01月18日さいたま市浦和区 U邸

『柿木を残す家・2世帯住宅』~さいたま市U邸 見学のお礼~

1/16(土)、17(日)と2日間、完成見学を行いました。
たくさんの方のご来場、ありがとうございました。

またお施主さまのUさん、見学会のご協力ありがとうございました。

2010-01-18-1
『柿木を残す家』の柿の木。
この柿の木を残すために建物の計画や建物の配置が決められました。計画とおりに柿の木を残すことができました。

来年の秋には、たくさんの実をつけていることと思います。

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2010年01月16日さいたま市浦和区 U邸

『柿木を残す家・2世帯住宅』~さいたま市U邸 完成見学のお知らせ~

2010-01-16-1
お施主さまのご厚意により、完成見学を行わせて頂きます。
日時:1/16(土)17 (日)10:00~16:00の2日間。
詳細はこちらをご覧ください。榊住建ホームページ

たくさんの方のご来場をお待ちしております。

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2010年01月15日日高市 I邸

『郊外に暮らす家-コラボレーション住宅-』~日高市I邸 基礎工事完了~

2010-01-15-1
昨年末に着工したI邸。昨年からの好天候のおかげで、工事も予定通りに進んでいます。

2010-01-15-2
昨年の内にほぼ基礎工事完了。

2010-01-15-3
1/8(金)瑕疵保険および監理者(i+i設計さん・お施主さま)検査を受けました。
指摘事項なしの合格。

2010-01-15-4
1/13(水)型枠解体しました。

2010-01-15-5
1/15(金)プレカット工場の加工状況の確認。
上棟に向け手加工と金物の加工をしていました。

来週の予定
1/18(月)土台敷き
1/19(火)先行足場組
1/20(水)上棟      

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2010年01月07日LOHASな暮らし

井戸

あけましておめでとう御座います。
本年のブログは「井戸」から始めます。
さいたま市にお住まいのS様は、自宅にある古井戸の有効利用を考えておりました。
水質検査をしたところ日常生活に利用できるとのこと。

2010-01-07-1

2010-01-07-2
井戸さらい(約24万円)し、やぐら付のポンプ(約6万円)をつけて新年から使えるようにいたしました。
地震等の災害時には自宅はもとより、ご近所のお役にも立ちそうです。

2010-01-07-3
もし古井戸がありましたら、ご検討してみてはいかがですか!

埼玉・木の家・つくり人:小山

日記カテゴリ

もっと見る