さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

最近の投稿
アーカイブ
日記カテゴリ
2007年9月
2007年09月19日LOHASな暮らし

浦高『学校エコ改修検討会』

5月から、環境庁の指定校として、浦高『学校エコ改修検討会』を行ってまいりました。
今日は、各グループの発表です。
他の5グループは設計事務所や建築会社等のプロの方が発表されましたが、
私たち「Eグループ」はPTAの沢辺さんと生徒の鯉沼君の発表です。

2007-09-19-1
自然のエネルギーで最大なものは太陽の熱と光であります。
これらをうまく利用する「しくみ」をつくること…がEグループの提案です。
夏の太陽の熱は排除し、冬の熱は床暖房に利用し、太陽光で発電しその電気を売却し、夜間の自習室の照明の電気を買います。
その仕組みを生徒が知っていること…これも大切です。

2007-09-19-2

2007-09-19-3
PTAの沢辺さんは「生エネ」というユニークな考えを提案いたしました。
“エネルギーの消費を抑えることと同様に太陽の光や熱のエネルギーをうまく生かすことが大切!”という発想です。
“エコデー”を設定し、生徒・先生・PTEがいっしょになって環境問題を学ぶ機会も!…と大変積極的な発表でした。
生徒の鯉沼君は「生徒が浦高のエコのしくみを知って、そのしくみの効果である温度や湿度等のデーターを取り、その操作に参加する立場でありたい。そのような活動が出来る環境委員会みたいなものを作りたい。」
プロにお任せの技術ではなく、関係者が夫々の立場で参加する“しくみ作り”です。

2007-09-19-4

2007-09-19-5
浦高『学校エコ改修検討会』は参加したすべての人にとって、環境を考える大変いい機会でありました。
特に生徒さんが最後まで真剣に取り組まれたことに意義があります。

2007-09-19-6
埼玉・木の家・つくり人:小山

2007年09月12日LOHASな暮らし

街の樹が泣いている

朝、会社に向かう途中、桜の樹が切られていることを発見!
カメラを構えると、まだ切り口からは吸い上げた水が出ており、「樹が鳴いている」ようです。
ここは、さいたま市南区、通称“桜坂”
この二本の桜が切られ、桜坂には桜の樹が一本もなくなりました。

2007-09-12-1

2007-09-12-2
そんな寂しい気持ちで大宮区を車で走っているとこんな光景を見つけました。
この看板を立てた人も、諦めたのか「署名にご協力下さい」の文字がガムテープで隠れていました。

2007-09-12-3
夫々に、何らかの事情があるのでしょう。
人間は生活の利便性だけを求めて、この地球を痛めています。
守ることは大切です。しかし事情がとても重要であれば、「切られる樹以上に植える樹」を考えていきたいと思います。

埼玉・木の家・つくり人:小山(さいたま県産木材住宅促進センター理事長)

日記カテゴリ

もっと見る