さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

最近の投稿
アーカイブ
日記カテゴリ
2006年12月
2006年12月29日LOHASな暮らし

住まいの歴史は子供の成長

所沢のY邸
Y邸は平成16年12月の完成、2年目の「家検」サービスです。

2006-12-29-1

2006-12-29-2
3年ほど前の設計中の頃、小生のサラシの腹巻を”食べ過ぎてお腹がパンクした大きな包帯”と信じて「小山さんのお腹直ったかな~」と心配していてくれた麻衣チャン!
上棟の頃生まれた翔太君は、庭に落ちたおでこのキズ、階段ですべったあごのキズ…元気な男の子になっていました!
子供の成長は住まいの歴史です。

埼玉・木の家・つくり人:小山

<ご挨拶>本年、私のつたないブログをご愛読いただきましてありがとうございます。
来年はもう少し奇麗なブログにしたいと思います。
お体をご自愛いただき、よい年をお迎え下さい。
株式会社 榊住建 代表取締役 小山祐司

2006年12月07日LOHASな暮らし

冬の「潮来の家」

写真:田中重幸

2006-12-07-1
お寒う御座います。冬の潮来は筑波おろしが吹き、特に寒く感じられます。そんな中で誰も住んでいない「潮来の家」のOMソーラーの温もりを体験して下さい。更に築10年経った自然素材、特に柱や梁、床や壁のムク板のアメ色の輝きをご確認下さい。
ご家族でお泊りになって「家ってなんだろう?」と話し合ってみてはいかがでしょう!

2006-12-07-2
東屋(囲炉裏と外の見えるお風呂)で鍋料理や焼肉が楽しめます。

2006-12-07-3

2006-12-07-4
埼玉・木の家・つくり人:小山

2006年12月06日未分類

オニガワラの行方

川口市 K邸(ヤマモレポート)完成編その1

2006-12-06-1
民家再生のK邸がいよいよ完成となりました!
既存の瓦屋根に使われていた鬼瓦は玄関脇の壁に埋め込まれました。
スポットライトのような夕日を浴びた鬼瓦。

2006-12-06-2
元々は室内に隠されていた梁ですが、
屋根付きのテラスで伸び伸びとしているように見えますね。
ポリカーボネイトの透明屋根越しに、
樹齢100年超のケヤキの木の葉が揺れています。

埼玉 木の家 榊住建

2006年12月05日LOHASな暮らし

納屋の再生

2006-12-05-1
川口市の郊外、K邸はケヤキの大木に囲まれた農家作りのお宅です。
「お庭の納屋を改装し事務所にしたい!」K様のご希望で、当社の設計室コンペの当選案による“納屋の改築”が終了いたしました。
新旧の融合

2006-12-05-2
柱や梁の構造体と屋根を全面的に生かし、床と壁、開口部を新規にする・・・新旧融合のコンセプトで設計、施工を行いました。
新旧の役割

2006-12-05-3

2006-12-05-4
古いところはそのまま古く、新しくするところはすべて交換…今回の新旧融合の考え方です。

遊び
古い屋根にトップライトを設置して、ケヤキの枝を室内に取り込みました。

2006-12-05-5
納屋の時

2006-12-05-6

2006-12-05-7
埼玉・木の家・つくり人:小山

日記カテゴリ

もっと見る