さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

最近の投稿
アーカイブ
日記カテゴリ
生垣のある二世帯住宅(所沢市)
2016年07月26日生垣のある二世帯住宅(所沢市)

「生垣のある二世帯住宅」~無垢の板張り~

木工事もだいぶ進んできました。
軒裏、玄関まわり、フローリングの各所に無垢の杉板が張られています。

IMG_0464

IMG_0463

IMG_0443

段々と家にあたたかみが出てきました。

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2016年06月03日生垣のある二世帯住宅(所沢市)

「生垣のある二世帯住宅」~音への対策~

足音や、床に物を落とした時、椅子や机をひきずった時など
2階から1階へ伝わる音はかなり気になることがあります。
特に二世帯住宅の場合は、多少なりとも防音対策についての検討が必要と思います。
防音対策についてはいろいろと方法がありますが、伝わる音をなるべく小さくしようとするほど
やはりコストもかかってしまいます。
今回は費用対効果に優れた方法として、床下地板の上に15mmの石膏ボードを張りました。

IMG_0300

石膏ボードは、通常の石膏ボードと比べて2倍以上の重さのあるものです。
床下地板と石膏ボードの間には、弾力性のある接着剤(サウンドカット)を使用しました。
完全な防音とまではいきませんが、かなりの軽減効果があります。

屋根の断熱材はセルロースファイバーです。
他の断熱材よりも、防音や調湿性能に非常に優れた材料です。

IMG_0325

排水管も防音仕様です。
特に2階から1階への立管が室内にある場合、排水が流れ落ちる時に結構音がします。
通常の塩ビ管の廻りに吸音材と遮音材が巻いてあります。
メーカーによると19dB低下させる効果があるようなので、かなり静かになりそうです。

IMG_0395
IMG_0401

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2016年04月25日生垣のある二世帯住宅(所沢市)

「生垣のある二世帯住宅」 ~外壁施工 構造の検討について~

IMG_0379

上棟後、屋根と外壁の下地工事が進んでいます。

IMG_0383

外壁下地材のモイスは、地震に耐える耐力壁になります。
決められた種類の釘(CN50)を外周75mm,中150mmの間隔で施工していきます。
これにより、9cm角の筋違いを設置した場合よりも強くなります。
モイスは、火災や結露、シロアリなどにも強い材料で多くの機能を備えています。

IMG_0380

構造計算により、構造材の種類や大きさ、施工方法、補強金物などをしっかりと計画しています。
2階建て住宅の場合、建築基準法では構造計算が必要になりませんので、一般的には簡易計算による検討がほとんどです。

熊本の大地震では、多くの建物は耐震基準不足で倒壊したと言われています。
しかしながら、建築基準法には、”最低の基準を定めた法律” とありますので、
この基準を満たしたからといって十分安全な建物とは言えません。
建築基準法の耐震基準を十分超えた、しっかりとした構造の検討が必須であると思います。

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建 

2016年04月02日生垣のある二世帯住宅(所沢市)

「生垣のある二世帯住宅」 ~上棟~

「生垣のある二世帯住宅」が上棟しました。
規模が大きいこともあり、二日間にわたっての建て方作業です。
あらかじめ敷いた土台の上へ柱を立て、手際よく作業が進んでいきます。
IMG_0100

2月下旬から基礎工事を始め、同時に木の加工場では大工さんが手刻みで梁、柱の加工をしてきました。
IMG_3814

ようやく上棟です。
上棟おめでとうございます
IMG_0133

2016年02月09日生垣のある二世帯住宅(所沢市)

「生垣のある二世帯住宅」 地鎮祭

神主さんをお呼びし、地鎮祭が行われました。
天候に恵まれ、晴れやかな気持ちの良いスタートになりました。

zitinsai

地縄張りも終わり、建物の配置や基準高さ(GL)も確認しました。

zinawa

今月いよいよ着工します。

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2016年01月21日生垣のある二世帯住宅(所沢市)

生垣のある家

hejjirou

生垣や庭の木々を望む二世帯住宅です。
建物の内外に無垢の木や自然素材をいっぱい使用して
建物の中から外へ自然とのつながりのある家になりそうです。

2月着工予定です。

★新築/2階建て
 設計:しまだ設計室
 施工:榊住建
 敷地面積:約120坪
 延べ(床)面積:約65坪

日記カテゴリ

もっと見る