さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

最近の投稿
アーカイブ
日記カテゴリ
見沼区 S邸
2008年03月11日見沼区 S邸

木の家マンション お引渡し<おおのレポ>

昨日、3/9(日)完成見学を開催させて頂きました。
マンションリフォームの見学会ということもあり、たくさんの方に見て頂くことができました。
ありがとうございました。
完成の様子です。

こちらは、玄関の様子

2008-03-11-1

2008-03-11-2
玄関上り框(カマチ)は、前回お知らせしたRでできた框です。
写真右、ホール(廊下)から正面はLDK、左奥は子供室2、左手前は子供室1へのドアが並んでいます。このドアは、お施主様のご希望でひし形のガラスを入れたデザインで作りました。
この建具は、当社オリジナル建具の『木建ての良い戸』(キダテノヨイコ)と言います(特許取得)。

2008-03-11-3
ガラスは、中に草花を入れたものになっています。中に入れる草花は自由に選べるようです。こちらは、お施主様Sさんの支給品を建具に取り入れました。中でもこの四葉のクローバーはかわいいなぁと思いました。

こちらは、LDKの様子

2008-03-11-4

2008-03-11-5
LDKから玄関の様子。床は、当社オリジナルの防音床工法(特許取得)の上に、ナラフローリングで仕上げました。

2008-03-11-6
LDKから各部屋を見た様子。玄関側の共用廊下のサッシが奥に見えます。この写真では分からないのですが、間仕切り建具が2ヵ所あり、3部屋に分けることができます。この計画は、以前にも書きましたが建具を全て開けると、ベランダから共用廊下まで一気に開放され風が抜けるように考えてられています。部屋の換気を一番に考えました。
これは、シックハウスなど過敏な方には非常に効果がある計画だと思います。
ちなみに、お子さんが遊んでいるのは肋木(ロクボク)です。小学校の体育館などで遊んだ記憶が...。
Sさんはヨガが趣味。家でヨガができる様にと今回大工さんに作ってもらいました。柱は、桧の4寸角、横棒はタモ35Φです。製作までには、細かい打合せを行いました。Sさんオリジナルの肋木です。

見学会が終わった後に、お引き渡しをしました。
今回お施主様のSさんには大変お世話になりました。本当にありがとうございました。
そして、これからも末永く宜しくお願いします。

埼玉 木の家 工務店 榊住建

2008年03月08日見沼区 S邸

木の家マンション 完成間近! <おおのレポ>

昨年末に解体工事を行い、年明けから本格的な工事を始めました。
こちらは防音床工事

2008-03-06-1
コンクリートの床の上に、遮音シートをしきます。
そのシートの上に棒状に並べられているのが、木造の家で言う根太になります。
この根太は厚みが24mmです(24mmの合板)。この間に25mmのロックウール吸音板を敷き詰吸音を行います。

床下地の上は、本業の木の家仕様です。

2008-03-06-2
LDKで、廊下を進み正面奥が玄関です。
廊下の並びに杉の4寸角(120mm)を3本建て、真壁で仕上ます。
各部屋の間仕切り壁は無く、引き戸で仕切る計画です。

2008-03-06-3
杉のムクパネル30mmで作った収納です。
建具の戸袋間仕切りも、この杉ムクパネルを使いました。

こちらは玄関 框です。
今回の框はRで、材はタモ集成です。

2008-03-06-4

2008-03-06-5
現在、最後の仕上げ工事を頑張っています。

今回の木の家マンションリフォーム、お施主様のご好意で完成見学をさせて頂くことになりました。
日時:3/9(日) am10:00~pm17:00
場所:HPをご覧頂くか、下記までお問い合わせ下さい。
TEL048-833-3151(担当:山岸)

埼玉 木の家 工務店 榊住建

2007年12月21日見沼区 S邸

コンクリートスラブ(床) 高さ調整 さいたま市S邸(おおのレポ)

解体工事が終わると、床のレベル(高さ)調整を行います。
床にスケールを当てて、1mm単位で高さを調べます。
測定結果をもとに、左官(さかん)屋さんに調整してもらいます。
許容範囲は、3mmとしました。

2007-12-21-1
明日、お施主さんと打合せを行い来週か木工事の着工です。
といっても、今年も残すところあとわずか。
防音床工事を行って今年の作業は終わりです。

埼玉 工務店 榊住建

2007年12月18日見沼区 S邸

床剥がし さいたま市S邸 

解体作業も大詰め。
最後の床(フローリング)剥がしを行います。
フローリングは、強力な接着剤で貼ってあります。
これを剥がすのは結構大変です。
ここで登場、床剥がし機械!!
隣接するお部屋の方に機械使用の挨拶をしてから、いざ!

2007-12-18-1
ものは古いですが、さすがは機械。
手作業よいも圧倒的に早い。

2007-12-18-2
何だか芝刈りみたいですが...。
これで、解体完了です。

埼玉 工務店 榊住建

2007年12月14日見沼区 S邸

解体作業 見沼区 S邸

解体作業も順調に進み、ほぼスケルトン(コンクリートの柱や梁・床が見える状況)になりました。
解体するということは、ゴミ(産廃)がでるということ。
このゴミの多さには驚きですね。この他に建具などたくさんありました。

2007-12-14-1
ゴミ→分別→リサイクル→新しいもの?製品?
何か対策を真剣に考えないといけないです。

埼玉 工務店 榊住建

2007年12月12日見沼区 S邸

マンションリフォーム さいたま市S邸

当社オリジナル、木の家マンションリフォームです。
RC(鉄筋コンクリート)のマンションに木のすまいを!!
無垢フローリングや杉の柱、壁は漆喰(しっくい)塗りetc
仕上げ材は、マンション仕様ではなかなか出てこないものばかりです。

今回のリフォームは、水廻り以外全ての間取りを変更という計画です。
各部屋の間仕切りは建具で行い、その建具を開けると一室になるという計画。
南のベランダと北側廊下サッシを開け、内部の間仕切り建具を開けると全ての部屋の換気がいっぺんにできるというもの。
その他にも、色々とアイデアいっぱいのリフォームです。
完成が楽しみです。

年内は、解体と床工事の予定です。
床も、当社オリジナルの防音床工法(特許済み)です。

2007-12-12-1
埼玉 工務店 榊住建

日記カテゴリ

もっと見る