さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

最近の投稿
アーカイブ
日記カテゴリ
さいたま市浦和区 N邸
2016年11月03日さいたま市浦和区 N邸

『元町のコートハウス』…お引渡しから3年。

弊社社長・千代岡が担当する定期点検、「家検サービス」に同行してきました。
「元町のコートハウス」は、コの字型に中庭を囲む家。お引渡しから丸3年が経ちました。

当時、設計を担当させていただきましたので、住み心地はもちろん、細かな使い勝手なども気になります。

yk161103-1

準防火地域に建ちますが、下地で防火規制をクリアすることで、外装にも木を使えます。
ただし、担当行政への事前確認は必要です。(表札の名前は画像加工で消してあります。)
 
こちらは中庭です。南側を平屋にすることで、太陽光を導いています。

yk161103-2
 

ウッドデッキのチェック。含水率を計ったり、打診で強度を確認したり。

yk161103-3

木部保護塗料は、敷地状況や軒の出に応じて選択の工夫が必要…と思いました。
やっぱり住んでからの現地を見ることが大事です。
 

そして、雨水桝や排水桝内も確認。問題なし。

yk161103-4
 

室内で気になるところは今のところ無いそうで、ほっとしました。

yk161103-5

「住んでみて、いい家を作っていただいたと実感しています。」とのお言葉…
素直に嬉しい瞬間です。職人さんたちに感謝です。

*建築時のブログは、「浦和区N邸」にてスクロールでご覧いただけます。
 

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2013年11月04日さいたま市浦和区 N邸

『元町のコートハウス』…浦和区 N邸

先日お引渡ししたN邸。
今回は、2階部分のご紹介です。

2階ホール。階段の手摺壁は本棚になっています。文庫本が700冊は入る計算。
荷重を受ける床梁のせい(高さ)は増してあります。
室内物干し用の竿受けは、大工さんが作りました。
2-1

ロフト&キャットウォーク付きの個室。
2-2

南面の窓を背に、ベンチに腰掛けて本が読めるように。
2-3

書斎の入口から南を向いています。
屋根の上に設けたデッキ(1階和室の上)に出ることができます。
2-4

N邸は、「本がたくさんある家」で「座れる場所がたくさんある家」です。
中庭が、暮らしの中に程よい距離感と一体感をつくり出し、季節を映してくれます。

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2013年10月27日さいたま市浦和区 N邸

『元町のコートハウス』…浦和区 N邸

先日お引渡ししたN邸。
完成写真をアップしていきます。今回は、1階部分のご紹介です。
N邸は準防火地域に建ち、北面道路・間口6.7m×奥行19.1mの敷地です。

2013-10-27-1
コの字型に中庭を囲むプラン。ダイニングから南方向に中庭を眺めます。
中庭を挟んだ向こう側は、畳リビングと呼んでいる和室。
南からの太陽光が射し込むように、平屋としました。

2013-10-27-2
ダイニングから、中庭と逆方向を撮っています。
キッチンに立っていても中庭へと視線が抜けるように。

2013-10-27-3
畳リビングから北方向に中庭を眺めます。
正方形の畳を上げれば、堀座卓(コタツ)として使用可能。

2013-10-27-4
こちらはダイニングから畳リビング&水廻りを結ぶ通路部分です。
中庭を眺めるには一番の、通路と呼ぶにはもったいない場所。
「中庭ラウンジ」と名付けて、奥様が読書にお茶に、家事の合間もゆったり過ごせるよう
天井も低めに、壁の一面は優しいグリーン色の珪藻土塗りとしています。

2階の様子は、また近いうちにアップします。お楽しみに。

2013年09月18日さいたま市浦和区 N邸

『元町のコートハウス』…浦和区 N邸

さいたま市浦和区のN邸では、内装工事が着々と進んでいます。

2013-09-18-1
 ↑ 正真正銘の【キャットウォーク】です。

2013-09-18-2
 ↑ 手作りの家具。人の手の跡が感じられると、なぜだかほっとしますね。

N様のご厚意により、10/5(土)・6(日)に完成見学会を行わせていただきます。
詳しくは、こちらをご覧ください。
それまでには、中庭に木が植えられる予定です。どうぞお楽しみに!

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2013年06月17日さいたま市浦和区 N邸

『元町のコートハウス』…浦和区 N邸

2013-06-17-1
N邸の外壁は、リシン化粧壁(榊オリジナルのコテ仕上げ)です。
玄関ポーチの軒裏と正面壁の一部には、杉板を貼ります。
N邸は準防火地域に建ちますが、板貼りの下地部分で
規定以上の防火構造をとっていますので、確認申請上も問題なく通ります。

2013-06-17-2
この図面は、その板貼り部分に取付する表札・ポスト・インターホンの検討図です。
これらのレイアウト以外に、板1枚の幅寸法によっても印象が変わるので、
幅を変えた図面も描いて、板の割付もよく、すっきりするレイアウトを探っていきます。

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2013年06月11日さいたま市浦和区 N邸

『元町のコートハウス』…浦和区 N邸

5/18に上棟した浦和区N邸では、断熱工事(温熱等級4)が進んでいます。

2013-06-11-1
今日は現場で、N様と設計打合せをしました。
工事が進んでくると、実際の空間のイメージが湧きやすくなります。
図面上で一度決めたことを、現地で再確認していきます。

2013-06-11-2
その場に立って、外装の色を検討したり、カットサンプルを組合せながら、
カウンター材や建具の面材の樹種選びをしたりと、盛りだくさんの内容です。
実際の生活を想像しながらの…悩みながらも、楽しい打合せです。

1階和室には、本畳(藁床)を使います。下地板には一定間隔で穴をあけて、
床下(基礎断熱)から、空気循環システムによる気流があたるようにしてあります。

2013-06-11-3
N邸では、7/6(土)に性能見学会を行ないます。詳しくはこちらへ。
(N様、昨日は大変お疲れさまでした。日にちをお伝えしそびれました。)

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2013年03月26日さいたま市浦和区 N邸

『元町のコートハウス』…浦和区 N邸

3月25日、浦和区N邸の地鎮祭が行われました。
狛犬ならぬ狛うさぎ?で有名な、浦和・調神社の神主さんにお務めいただきました。

2013-03-26-1
N邸は、準防火地域に建ちます。北面道路で、残り三方は家々に囲まれていますが、
東隣地の路地状敷地が生む 「スキマ」 や細長い 「敷地のカタチ」 を生かして、
南東方向に開かれた中庭を配置しました。家の中のどこに居ても見える 「中庭」 。

2013-03-26-2
N邸は、大人のための住まいです。それぞれの 「ほっとする場所」 が家の中にあって、
程よい距離感を保ちつつ交わる、 「街並みのような住まい」 をつくりたいと思います。

2013-03-26-3

日記カテゴリ

もっと見る