さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

最近の投稿
アーカイブ
日記カテゴリ
住み継ぐ家のリノベーション(川口市)
2018年01月15日住み継ぐ家のリノベーション(川口市)

「住み継ぐリノベ」~もうすぐ完成~

川口市で、三世代同居のリノベーション工事、
昭和56年築の木造2階建・30坪に、プラス13坪の増築を行っています。

足場も外れて、ガルバリウム鋼板&杉板の外壁がお目見え。

 
【リノベ前】

 
【工事中(右手が増築部)】

 
【リノベ後】

 
完成へ向けて、室内では左官屋さんが漆喰壁の施工中です。

 
天井に隠れていた梁を見せています。

 
建主様のご厚意により、1/27(土)・28(日)の2日間、完成見学会を行わせていただきます。
詳細は、こちらのページをご覧ください。

ちなみに、建主さんが弊社を知ったキッカケは、ご近所でOPENしたパン屋さんでした。
こちらも弊社で設計施工させていただいた、木と漆喰のパン屋さん「Cum panis」です。
是非一度、お立ち寄りください。美味しいパンが待っています。

→ 「Cum panis」 Facebookページ
→ 家づくり日記 【木と漆喰のパン屋さん】

 
埼玉 木の家 注文住宅 榊住建
設計事務所+工務店
無垢の木と漆喰 + 高性能
「わたしたちの暮らし」が考えられた、自由な家づくり

2017年12月27日住み継ぐ家のリノベーション(川口市)

「住み継ぐリノベ」~大工工事、終盤です~

川口市で、三世代同居のリノベーション工事、
昭和56年築の木造2階建・30坪に、プラス13坪の増築を行っています。

大工工事、終盤です。
元々は天井裏に隠れていた梁を、建主さんのリクエストで見せています。

室内も外観も、仕上がれば新築にしか見えないのですが、こうやって
どこかで元々の建物の記憶を継いでいけるのは、リノベの価値ですね。

外壁は、ガルバリウム鋼板仕上げが主です。アクセントとして、
玄関やバルコニー廻りの凹み部分を杉板縦貼りにしています。

来年の1月末には完成見学会を予定しています。

 

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建
無垢の木と漆喰 + 高性能
「わたしたちの暮らし」 が考えられた、自由な家づくり

2017年11月25日住み継ぐ家のリノベーション(川口市)

「住み継ぐリノベ」~床貼り、始めました~

川口市で、三世代同居のリノベーション工事、
昭和56年築の木造2階建・30坪に、プラス13坪の増築を行っています。

床貼り、始めました。
終わったところから、しっかり養生していきます。

関根棟梁、
こまめに掃除していますが、時間はかけません。

チリ取りもお手製…いいえ、「チリ取り」ではなく、「ゴミ取り」だそうです。
ホウキの幅よりも間口が大きいので、ササッときれいになります。

これも、棟梁の技です。
 

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建
無垢の木と漆喰 + 高性能
「わたしたちの暮らし」 が考えられた、自由な家づくり

2017年11月01日住み継ぐ家のリノベーション(川口市)

「住み継ぐリノベ」~木工事が進行中~

川口市で、三世代同居のリノベーション工事、
木工事の真っ最中です。

昭和56年築の木造2階建・30坪に、プラス13坪の増築を行っています。
手間のかかる柱と梁の補強・入替えが、ようやく完了。ここからは、目に見えて進んでいきます。

ご見学を希望される方は、どうぞお気軽にお問合せください。
お申し込みは、こちらからどうぞ。

 

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建
無垢の木と漆喰 + 高性能
「わたしたちの暮らし」 が考えられた、自由な家づくり

2017年09月27日住み継ぐ家のリノベーション(川口市)

「住み継ぐリノベ」~基礎工事完了~

川口市で、三世代同居のリノベーション工事、基礎工事が完了しました。
既存基礎立上りのアラミド繊維による補強も終わっています。

昭和56年築の木造2階建・30坪に、プラス13坪の増築を今回行います。
写真手前が増築部です。

土台は米ヒバでした。材の痩せや狂いも少なく、劣化もほぼ無し。
2階の床梁は、米松と米栂。高さ240の梁が230まで縮んでいます。

また、梁せい(梁の高さ)の小さな部分が多いので、補強すべき箇所は多数。
ちなみに、柱は杉です。

本日は、各階の床高さ(水平)などを計測。
1階・2階共に床が水平となるように、これからの工事で調整していきます。

 

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建
無垢の木と漆喰 + 高性能
「わたしたちの暮らし」 が考えられた、自由な家づくり

2017年09月05日住み継ぐ家のリノベーション(川口市)

「住み継ぐリノベ」~構造実測~

川口市で、三世代同居のリノベーション工事、解体工事が進んでいます。
昭和56年築の木造2階建・30坪に、プラス13坪の増築を今回行います。

全体の木組みが見えたので、実測調査に。
既存図面を元にした構造計画は立ててありますが、
実際の建物とのズレを確認して、計画修正を行う必要があります。

・柱位置、全体の高さ寸法(矩計)を確認
・梁の架かり方、各部材の高さ(梁せい)を確認
・基礎配置や形状、換気口や人通口位置を確認

白蟻の食害は無し。
雨漏り等を起因とする木材の腐食も、大きなものはありませんでした。

部材自体はしっかりしていますが、当時の法律や建築常識での建物ですので、
断面欠損や梁せいの不足、構造金物の不足は見られます。

しっかり補強した上で、極力生かしていきます。
実測調査を反映して、構造計画の詳細を見直しします。

 

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建
無垢の木と漆喰 + 高性能
「わたしたちの暮らし」 が考えられた、自由な家づくり

2017年08月18日住み継ぐ家のリノベーション(川口市)

「住み継ぐリノベ」~着工します~

川口市で、三世代同居のリノベーション工事が始まります。
昭和56年築の木造2階建・30坪に、プラス13坪の増築。

基礎、柱、梁の骨組は残して丁寧に手壊し解体し、適宜に部材の交換や追加を行います。
また、面材耐力壁の設置や、アラミド繊維を用いた基礎補強などを行い、建物全体の耐震性を高めます。
もちろん、断熱性能は改正省エネ基準(平成25年基準)を大きくクリア。間取りも変更して、あらためて暮らしやすい家へ…


(解体前の状況調査の様子)


(既存住宅の床や壁、建物全体の傾きなどを、計測結果を元に確認)
 

その当時は、設計段階の審査(確認申請)は行っていても、
建物完成時の検査を行っていない(=検査済証が無い)建物が7~8割を占めています。

このような建物で一定規模以上の増築を行う場合には、新築とは一部内容の異なる
確認申請が必要ですが、榊住建では3例目。順調に進み、約1ヶ月で完了しました。

今回、【長期優良住宅化リフォーム推進事業】の補助金交付申請も行っています。
来週からいよいよ、解体工事の着工となります。

 

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建
無垢の木と漆喰 + 高性能
「わたしたちの暮らし」 が考えられた、自由な家づくり

日記カテゴリ

もっと見る