さいたま市の「木の家づくり」榊住建 

埼玉県さいたま市浦和区上木崎6-13-1  TEL:048-833-3151

最近の投稿
アーカイブ
日記カテゴリ
”ほっとする家”~榊の家~
2019年09月14日”ほっとする家”~榊の家~

倉庫・農作業小屋 工事完了

先月末に工事完了した農家さんの倉庫・作業小屋。
台風や雷雨もあったので様子見に伺いましたが、何もなくて一安心。

建物は奥行5.4mほどありますので軽トラックやトラクターを駐車しても後ろに収納や作業スペースが
充分取れます。棚などはこれからDIYで整えていく予定。一部屋は雨風入らないように吊扉を付けて
ポリカの波板で区画しました。

お土産にいただいたには初めて見る『ポポー』という珍しい果物。バナナとマンゴーを混ぜたような南国の
味で美味しくいただきました。

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2019年08月03日”ほっとする家”~榊の家~

倉庫、作業小屋計画進行中

20年前に当社にて母屋を設計施工させていただいた
農家さんにて倉庫・作業場の計画が進行中です。

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2019年07月16日”ほっとする家”~榊の家~

小さい離れの増築工事 ~まもなく工事完了~

台東区で進んでいた離れ増築工事は行政の完了検査も無事完了しました。

トイレなどの水回りと収納を備えた畳敷のお部屋です。
小さいながらも全ての工種が関わる立派な新築工事でした。
後は造園屋さんに敷石を整えていただいて工事完了になります。

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2019年06月02日”ほっとする家”~榊の家~

バラの家 の物置(ものおき)

先日【暮らしの見学会】をさせて頂きました
大宮区の『バラの家』

写真を何枚か

たくさんのバラの中に物置が…

とても良い雰囲気の物置は大工さんがちょこちょこっと
つくったもの。
扉も板を並べて裏の横桟に留めているだけ。

つっかい棒もシンプルでカッコイイです。

時間が経過するごとにどんどん素敵になっていく手づくりの物置(ものおき)。
スチール製も良いけど、やっぱり木が良いですね。

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2019年03月04日”ほっとする家”~榊の家~

亥の年蔵 お色直し ・・・完成しました。

いよいよ最後の工程、100年ぶりのお色直し完成です。

下塗り(砂+しっくい)

中塗り(しっくい+ファイバーメッシュ)
まずはしっくいを塗り

しっくいを塗った上にファイバーメッシュを張りコテですり込みます。

しっくいの中にファイバーメッシュが隠れたらOK。
ワラやスサなどで補強いう方法もあるのですが、今回はこの『ファイバーメッシュ』で補強です。
かなり期待できます。

現在の外壁モルタル下地にはこの補強方法が多く採用されています。

そして仕上げ塗り。
しっくい材は下塗りから使用している村樫石灰工業の『村樫のしっくい』

村樫石灰工業さんとはかれこと20年以上のお付き合い。
10年ほど前に栃木県にある本社まで伺い、しっくいのあれコレを教えて頂いきました。

入口まわりもきれいにコテで押さえて

お色直し完成です。

ビフォー

アフター

大正12年に造られた『亥年の蔵』きれいになりました。
Mおばあちゃんも、Mさんご家族の皆さんも喜んでくれています。
この先の100年もまたその先もずっと受け継がれていって欲しいです。

当社も(私も)貴重な経験をさせて頂きました。
ありがとうございました。

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2019年02月13日”ほっとする家”~榊の家~

亥の年蔵 お色直し② 100年前のしっくい

100年前のしっくいを剥がすと下地の土壁が現れます。
もちろん土壁も100年もの。

ほとんどのしっくいが浮いていて、シュルシュルって剥がれます。
今までよくがんばりました。

場所によっては下地の土壁が浮いていたり、しっくいと一緒にボロッと土が剥がれてしまう箇所があり、そういった箇所は砂しっくい(砂としっくいを混ぜたのも)で補修します。
今回の砂しっくいの配合は1:1、色々試してみましたがこの配合が一番良さそうでした。

1階壁の傷みがちょっと目立ちました。

入口まわりの壁もしっかり補修します。

大きいところはこんな感じで一旦補修し、乾燥後にもう一度下地の砂しっくいを塗ります。

入口まわりも

こんな感じでキレイになって

いきます。

これで下地の下地作業はおしまい。
少し養生をおいて、中塗りをします。
なんでもそうですが、基礎下地を整えるのは大切ですね。
最後の仕上げが大きく違ってきますから。

おまけ
蔵入口の大きな引き戸のかぎ

かっこいい‼

開け方にコツがあってMおばあちゃんに教えて頂いたのですが、なかなか難しい…
このかぎは蔵の中には絶対に入れてはいけないと強くMおばあちゃんに注意されました。

理由は
蔵の中には開錠装置(今でいうサムターン)がついていないのです。
中に閉じ込められたらこの大きな分厚い引き戸を壊すしかないのです。
あ~こわい。
このルール絶対に守らなくては…

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2019年01月25日”ほっとする家”~榊の家~

年男ではなく『年蔵』のお色直し

築21年になるM邸。
年末に外壁の改修工事を終えて綺麗になりました。

敷地内には周りに広がる田畑を見渡せる立派な蔵があります。

この立派な蔵、大正12年の今年で96歳。干支は亥。
年男ならぬ「年蔵」。

ガッシリとした骨組に厚い土壁を塗り、しっくいで綺麗に仕上げた蔵。96年という長い年月を頑張って絶えてきました。

平成最後の年に、この先の100年を見るためここでお色直しをすることになりました。
ひび割れの入ったしっくいを剥がし、傷んだ土壁を補強と補修して行きます。本日は全てのしっくいを剥がしの土壁の調査を行います。


Mさんおばあちゃんが嫁いできた時のお話を聞きながら、この蔵がMさん家族と過ごしてきた大切な時間を教えて頂きました。

大切なMさんの『蔵』、ゆっくりと丁寧に作業を進めてい行きたいと思います。

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

2019年01月16日”ほっとする家”~榊の家~

平成31年 榊住建・さかき会 本格始動!

毎年、1月の第二土曜日は
榊住建とさかき会(下職さんの会)合同の新年会を行わせ頂いております。

今年もたくさんの『ほっとする家』をお引渡しできるよう
真正面から真剣に取り組んでまいります。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

株式会社榊住建・さかき会一同

2018年08月10日”ほっとする家”~榊の家~

OMソーラーメンテナンス

築10年のお客様宅へOMソーラーのメンテナンスでお邪魔しました。
お湯採りの熱媒の補充と一通りの点検をして完了。

埼玉 木の家 注文住宅 工務店 榊住建

2017年12月28日”ほっとする家”~榊の家~

2017年 榊住建『ほっとする家』のご紹介

2017年もあと僅かとなり、本年の営業も本日で終了となります。

今年一年を振り返ると、たくさんの建て主さま・設計事務所さまとお仕事をさせて頂きました。
工事中の理解とご協力に感謝し、今年の『ほっとする家』をご紹介いたします。

3月 3階建ての都市型住宅(さいたま市) 【設計監理:Fit建築設計事務所】

3月 敷地75坪・縁側の家(さいたま市) 【設計監理:榊住建一級建築士事務所】

4月 K邸(成田市) 【設計監理:Fit建築設計事務所】

5月 方形屋根の家(さいたま市)  【設計監理:榊住建一級建築士事務所】

6月 T邸改修工事(さいたま市)  【設計監理:アトリエリング一級建築士事務所】

8月 N邸改修工事(さいたま市)  【設計監理:榊住建一級建築士事務所】

10月 大岡山の家(目黒区)  【設計監理:Fit建築設計事務所】

10月 マチニワの家(さいたま市)  【設計監理:榊住建一級建築士事務所】

11月 和瓦と庭々の家(さいたま市)  【設計監理:榊住建一級建築士事務所】

11月 桧丸太の家(さいたま市)  【設計監理:榊住建一級建築士事務所】

12月 森と暮らす家(杉戸町)  【設計監理:Eureka】

本年も大変お世話になりました。
社員一同、心より御礼申し上げます。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。

良いお年をお迎えください。

埼玉 木の家 工務店 注文住宅 榊住建

日記カテゴリ

もっと見る